ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NYを舞台にしたオススメ映画3作品をチェック! NYのさまざまな顔と魅力とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


世界中の「モノ」、「ヒト」が集まり、「食べ物」「建築物」「アート」などの新たなカルチャーの発信源として人々を魅了してやまない都市・NY。それは映画も例外ではありません。この春には“NY”を舞台にした映画が次々と公開! ピックアップしてご紹介します。

2度のトニー賞受賞を誇るソングライター、ジェイソン・ロバート・ブラウンの同名ミュージカル作品を『P.S. アイラヴユー』のリチャード・ラグラヴェネーズ監督が映画化した『ラスト5イヤーズ』が、4月25日(土)より全国公開。女優の卵キャシーと小説家ジェイミー、ふたりの5年間の愛の軌跡。ニューヨークを舞台に逆行する時間軸で2人のすれ違う想いを綴る、切ないミュージカル・ラブストーリーです。

恋や夢を叶える場所で男女は出会い、別れを経験する5年間の物語

まず初めに紹介するのがNYで出会い恋に落ちた1組のカップルが、出会って別れるまでの5年間を描いた『ラスト5イヤーズ』(4/25公開)。2度のトニー賞受賞を誇るソングライター、ジェイソン・ロバート・ブラウンの同名ミュージカル作品を『P.S. アイラヴユー』のリチャード・ラグラヴェネーズ監督が映画化したミュージカル・ラブストーリー。多くの若者が夢や出会いを求めて集まる街、NYだからこそリアルに描かれる2人の関係性と心情を極上のナンバーで歌い紡ぐ、今までのミュージカル作品とは一線を慨すことでも話題の本作。

女優の卵キャシーと、小説家を目指すジェイミーは激しい恋に落ち、やがて結婚。ジェイミーが若くして成功を収めていく一方、キャシーはキャリアに伸び悩み、徐々にすれ違っていく。彼は“出会いから別れまで”、彼女は“別れから出会いまで”を逆行する時間軸で描くこれまでにない演出方法に加え、キャスト2人の圧倒的な歌唱力と表現力は注目!男女の別れを経験した誰しもが共感できる作品であり、NYで夢を追う若者の葛藤を垣間見ることができます。

主役のキャシー役には今年日本でブレイク間違いなしのアナ・ケンドリックが演じている。アナは公開中のディズニー作品『イントゥ・ザ・ウッズ』のシンデレラ役に続いて、4月公開の本作、そして5月公開の『ピッチ・パーフェクト』で立て続けに主演を務めるなどキャリア絶好調。そして、相手役のジェイミーを演じるのはミュージカル出身の新星、ジェレミー・ジョーダン。ジェレミーはスティーブン・スピルバーグが手がけるミュージカルドラマ「SMASH/スマッシュ」のメインキャストとして出演するなど、活躍の場を広げる若手実力派俳優たちにも注目!

(C)THE LAST FIVE YEARS THE MOTION PICTURE LLC

NYの闇を背景にしたリーアム・ニーソン主演のサスペンス作品


続いて紹介するのが、NYを舞台に連続殺人鬼との心理戦が展開されるリーアム・ニーソン主演の『誘拐の掟』(5/30公開)。NY中が連続誘拐殺人事件におびえていた1999年、元刑事のマット(リーアム・ニーソン)のところにある依頼が舞い込む。それは妻を誘拐された夫からの、犯人を見つけ出してほしいというものだった……。

マットはこれまでの刑事人生で身に付けた全てのスキルを総動員して誘拐犯の捜索に挑む。邪悪な猟奇殺人鬼に挑む主人公マットのパワーに圧倒されます。本作でNYという街は恋愛作品で描かれる雰囲気とは違う、独特な雰囲気のある場所として闇の部分を映しだすと同時に、主人公の“孤独”を引き立てておりまた違ったNYの風景を感じることのできる作品です。

(C)2014 TOMBSTONES MOVIE HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

NYのとある地区に住むリアルな生活模様


続いて紹介するのが『ニューヨーク ジャンクヤード』(5月公開)。『リヴァイアサン』などのヴェレナ・パラヴェルと、ドキュメンタリー作品を手掛けてきたJ・P・シニァデツキが共同監督を務めたドキュメンタリー作品です。

ニューヨーク・メッツの新球場シティ・フィールドの周囲に広がる、自動車部品のジャンクヤードでたくましく生きる人々の姿を描きます。NYメッツの新球場「シティ・フィールド」のまわりには、自動車部品のジャンクヤードが広がっている。移民たちの陽気な歌声とバーベキューの煙、グレーな仕事で稼ぐカップル、友人たちに毎日小銭をせがんで生活する老女。再開発のため、やがて消えゆく街でたくましく生きる愛すべき人々に、豊かな暮らしのヒントを貰う。NYで生きるリアルな人間模様を垣間見ることのできる作品です。

(C)VERENA PARAVEL AND J.P.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP