ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

華やかで美味しい!?ミシュランシェフが“食べられるドレス”を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そろそろアウターも軽くなり、春のファッションが街にあふれる季節。

そんな季節を彩るちょっと変わった使った服が、世界のファッショニスタから注目を集めている。

何が変わっているかというと、その素材…なんと私たちが普段食べている“食材”を使っているのだ。

ミシュランガイドで2つ星を獲得したスウェーデンのスター・シェフ、Bjorn Frantzenさんは、ベリー、マカロン、カリフラワー、マッシュルーム、レタスなどを用いて、華麗なドレスを作り上げた。

モチーフとなったのは、クロエ、ヴァレンチノなど、世界的ファッションブランドの2015年スプリングコレクション。

スウェーデンの高級デパート「Nordiska Kompaniet」が依頼した企画で、じっくり見てみると、花をチコリーやエノキ(!)で表現していたり、ジャケットはワインのコルク蓋でできていたりと、かなりの趣向が凝らされている。

芸術的な一皿を生み出すシェフとあって、どれもいつまでも眺めていたくなる美しさ。

メイキング動画はYouTubeにてチェックできるが、お腹が空いているときに見ると、思わず涎が出てきてしまうかもしれないのでご注意を。

YouTube
 https://youtu.be/wv0IRMg-4lg

動画(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP