ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「インセプション」「バットマン」「インターステラー」ノーラン監督の凄さをイッキ見!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「インセプション」「バットマン」「インターステラー」ノーラン監督の凄さをイッキ見!

先日ティーザー映像が公開された『バットマン v スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス/Batman v Superman:Dawn of Justice(原題)』の製作総指揮を務める、クリストファー・ノーランのフィルモグラフィを紹介する動画が話題だ。

https://vimeo.com/124359600

低予算モノクロ映画『フォロウィング』(1998年)で長編デビューしたノーラン監督は、2作目『メメント』(2000年)で早くもアカデミー賞オリジナル脚本賞にノミネート。どちらも物語の時系列を逆にした斬新な手法で話題を呼んだが、ノーランの実力はまだまだこんなもんじゃなかった。

それを証明したのが、新バットマン3部作の序章となる『バットマン ビギンズ』(2005年)と、ヒュー・ジャックマンがマジシャンという無茶な配役が楽しい『プレステージ』(2006年)を経て公開された、バットマン史上もっとも暗い作品『ダークナイト』(2008年)だろう。ノーラン作品の常連、クリスチャン・ベールが演じるバットマンを完全に食ってしまったジョーカーは、演じるヒース・レジャーを死に追い込んだと噂されるほど、映画史に残る強烈なキャラクターとなった。

『ダークナイト』で時代の寵児となったノーランだが、休むことなく『インセプション』(2010年)で再び映像革命を起こす。作中で解説される「精神が迷子になってしまう場所」こと”Limbo”の設定はかなり衝撃的で、一部のコアな映画ファンの間では度々ネタにされるほどだ。

続いて公開された、ノーラン版バットマン3部作の完結編となる『ダークナイト ライジング』(2012年)と、同じくDCコミックで最も有名なヒーロー、スーパーマンを00年代に蘇らせた『マン・オブ・スティール』(2013年:製作/原案)は、「ヒーロー映画のくせに暗すぎ」とファンの間で賛否が別れる結果に。しかし、多くの映画ファンを「ノーランやっぱスゲー」と唸らせたハードSFの歴史的傑作『インターステラー』(2014年)は、ここ日本でも超がつく大ヒットを記録。第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、視覚効果賞を受賞した。

多くの編集動画を公開しているAdrien Bssgt氏が制作したフィルモグラフィは、ノーラン作品の登場人物たちが、まるでLimboから目覚めたかのようなカットで終わる。そして『インセプション』のコマが倒れることで、視聴者は現実世界に帰っていく…なんて意図があるかは不明だが、ノーラン作品ファンならではのニクい編集と言えるだろう。

関連記事リンク(外部サイト)

ドルトムント、クロップ監督の7年間の功績を讃える動画が泣ける 「父のような存在だった」
ざわ…ざわ…萩原聖人が生放送で奇跡の国士無双が炸裂!リアルアカギすぎると話題に
社畜専用エンターキーが使えすぎる 「メチャメチャ仕事してる」アピール全開で出世街道へ
社畜専用ビジネスチェアがスゴすぎる いつでも日付変更線の向こう側へ!
いつものノリでミーティングに出席→オバマ大統領がいた!www しかも質問される

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。