ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暴力&狂気&破壊!『マッドマックス』シリーズを1本に凝縮した怒りのデス予告編がヤバい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

約35年ぶりに復活する『マッドマックス』シリーズ第4弾『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の公開を記念して、過去3作と最新作の映像をミックスした予告編「Legacy Trailer」を公開した。

https://youtu.be/DWsdx0vmYwY

80年代ワーナーのモダン・ロゴから始まり、過去作のナレーションや台詞が随所に盛り込まれた特別予告編。メル・ギブソン演じるマックス・ロカタンスキーが暴走族トーカッターに妻子を殺されてブチ切れる『マッドマックス』(1979年)、砂漠を走るV8インターセプターにシビれ、ヒューマンガスとウェズという歴史的悪役が登場する『マッドマックス2』(1981年)、そして何故かファンタジックな雰囲気になってしまった『マッドマックス/サンダードーム』(1985年)という、ファンにはお馴染みの映像が燃える。

そして、いよいよ『怒りのデス・ロード』のシーンに切り替わるのだが、粒子の粗い30年前の映像との違和感を、それほど感じないのがスゴい。全編砂埃まみれの予告編を観れば、本作がシリーズの正統な続編ということが分かるはずだ。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の日本公開は6月20日。今のうちに過去3作を復習して、アタマを『マッドマックス』モードに切り替えておいたほうがよさそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

俳優ポール・ニューマンのガチすぎるプロレーサーぶりを描くドキュメンタリー映画が公開
友達と遊びたいワンコ「ねえ起きてよ!」→ガン無視されてセツナ可愛すぎる【動画】
ブレイク間近!美少女3姉妹バンドによる演奏がスゴすぎると話題【動画】
WWEスマックダウンの試合中に覆面姿のバカファンが乱入して大騒ぎに【動画】
ヒャッハー!トラックでレジェンド葛西ばりのK点越えジャンプをキメた特攻野郎がカッコいい

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP