ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

俳優ポール・ニューマンのガチすぎるプロレーサーぶりを描くドキュメンタリー映画が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

俳優ポール・ニューマンといえば3つのオスカー、6つのゴールデングローブ賞など輝かしい経歴と共に、実業家や政治活動家など多彩な顔を持っていたが、その中でも40代を過ぎてからのめり込んだレーサーとしての一面をドキュメンタリー化した「Winning: The Racing Life of Paul Newma」という作品が5月にアメリカで公開される。

https://youtu.be/4Szj0gCkFuk

映画「レーサー」がキッカケで44歳になってレースに挑戦するという今考えるとかなり無謀なことをしていたニューマンだが、1979年のル・マンで2位、1977年のデイトナ24時間で5位を筆頭に80年代、50代に入ると完全なプロレーサーとしてのキャリアを送っている。
ツーリングカーで最強といわれた時期には日産フェアレディZで知られるダットサン240Z~280Zや、シルビアの海外版ダットサン200SXでアメリカのツーリングカーレースに参加していた縁などもあってか、オールドファンには後期版は「鉄仮面」の愛称でお馴染みのスカイラインR30のCMに登場したポール・ニューマンのことを覚えている人もいるだろう。

いずれにしてもレーサーとしてガチ過ぎるポール・ニューマンの武勇伝満載のこの作品、日産車も沢山トレーラーに登場するし日本でも公開を期待したいところだ。

https://youtu.be/k9hjQn_95-Q

関連記事リンク(外部サイト)

友達と遊びたいワンコ「ねえ起きてよ!」→ガン無視されてセツナ可愛すぎる【動画】
ブレイク間近!美少女3姉妹バンドによる演奏がスゴすぎると話題【動画】
WWEスマックダウンの試合中に覆面姿のバカファンが乱入して大騒ぎに【動画】
暴力&狂気&破壊!『マッドマックス』シリーズを1本に凝縮した怒りのデス予告編がヤバい
ヒャッハー!トラックでレジェンド葛西ばりのK点越えジャンプをキメた特攻野郎がカッコいい

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP