ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高反発ドライバー 高齢者のゴルフ離れを背景にニーズ高まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ゴルフは飛距離を競うスポーツではないが、飛ばないと面白くないのもこれまた事実だ。それゆえ、飛ばなくなるとゴルフがつまらなくなって辞めてしまうゴルファーが少なからずおり、ゴルフ界では「2015年問題」と呼ばれている。

 今年、団塊世代がいよいよ70代にさしかかり、年齢による体力低下でプレーの回数が減少。ゴルフ人口が急減すると見込まれたことから、業界としてはシニアゴルファーの“引退”を少しでも先延ばしする必要が出てきた。その救世主が「かつての飛距離をもう一度呼び戻す」高反発ドライバーだ。高反発ドライバーの最新モデルを発売し続けている『カタナゴルフ』の担当者はこう語る。

「弊社の販売実績は非公開ですが、全出荷量中、ルール適合と高反発の割合は3対7で高反発の方が断然多い。ここ1~2年はさらに高反発のニーズが高まっています」

 高反発ドライバーがシニアに向く理由は、その構造にある。メーカーのクラブテスターとして知られるゴルフクラブアナリストの吉村忠義氏によれば、高反発の恩恵を享受できるのは、ハードヒッターよりもむしろヘッドスピード38m/s以下、「200ヤードのラインを超えなくなった人」だという。

 気になる飛距離の伸びについて、吉村氏の試打によれば「1割増」。クラブメーカーの担当者によれば、規制開始当時の高反発クラブに比べて、最近の高反発はさらに性能がアップしているという。

「クラブを替えるだけで飛距離は1割アップ、リシャフト(シャフト交換)することでさらに5ヤード伸び、ボールも飛びに特化した適合外品にすることで15ヤードプラス。計算上はしめて30~40ヤードは伸ばせる」(吉村氏)

※週刊ポスト2015年4月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高反発ドライバー ゴルファーの要望でゴルフ界に容認の動き
2回目の挑戦でプロテストに合格した美しきホープ・兼岩美奈
シニアゴルファーに人気の高反発クラブ 友人と楽しむ分はOK

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。