ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

勝野洋 『太陽にほえろ!』現場で学んだ露口茂の間の使い方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画やテレビドラマ、舞台などで幅広く活躍する俳優の勝野洋が芸能の世界へ入ったのは、アルバイトで始めたモデルの仕事だった。役者になるつもりがないまま出演した人気刑事ドラマ『太陽にほえろ!』に出演するうち、少しずつ芝居をすることに目覚めていった当時のことを勝野が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏による連載『役者は言葉で出来ている』からお届けする。

 * * *
 勝野洋は青山学院大学在学中にアルバイトでモデルの仕事を始め、その際にCMで共演した俳優・大橋一元の勧めで福田恆存の主宰する劇団・現代演劇協会へ入団した。そして1974年にテレビドラマ『太陽にほえろ!』の刑事・通称「テキサス」役に抜擢されることになる。

「僕は一年だけ劇団にいたら大学に戻るつもりでいました。ですから、『太陽~』も断るつもりでいたんです。でも、『とにかく(石原)裕次郎さんに会うだけ会ってみろ』と言われて、『え、会えるんですか』ということで。

 その前にテストでワンシーンだけ出ていました。藤岡琢也さんの代わりに撃たれて死ぬ役なんですが、その時は『いやあ、記念になった』と。で、次に裕次郎さんのところに挨拶に行ったら、それで最後ですよ。そこからもう抜けられなくなって、自分の意思と違う方向に行くことになりました。

 劇団にいる時も興味がなくて、基礎的なことは何もしていませんでした。現場で恥をかき、皆さんからいろいろと言われながら覚えていったという状態でした。『俺は芝居できないし、なまりもあるから無理ですよ。皆さんに迷惑をかけます』と言っていたんですが、周りは『いいから、いいから』って。それで現場に行ったら、やっぱり待たせることになってしまいました。今どこを撮っているのか分からなくなることもありましたから。

 その世界自体が分かっていなかったから、やれたのかもしれません。分かっていたら、好きでもないのに入れませんよ」

 それでもテキサス刑事は人気を博し、番組はそれまでで最高の視聴率を記録する。そして一年のはずの出演期間は延びることになった。

「父親から『やり始めたことは最後までやれ』と教育を受けていたので、辞めることだけは絶対にできませんでした。とにかく、一年だけ我慢しよう、と。ですから、一年経って『これで終わりだ』と思ったのに『もう一年』と言われた時はガクっときましたね。『え、またやるの?』って。

 でも、二年目は自分にも余裕が出てきましたし、新たに新人役で宮内淳も入ってきましたから、スタンスも変わりました。セリフもちゃんと言えるようになって、少し面白くなった。露口茂さんや下川辰平さんといった先輩たちの芝居も落ち着いて見られるようになりました。それまでは、そんな余裕は全くなかったですから。

 露口さんの間の使い方はマネました。上手いんですよ。すぐにセリフを言わないで、ちょっと間を置いて、何か思わせる。普段の役の時は走り回って動き回ってばかりなのですが、『テキサス編』というのもたまにあって、そこでは若者の悩みとかを描いていただける。そういう時に、露口さんの間を使ったりしていました。

 もう毎日がハードでしたから、現場での皆さんの芝居が僕にとってのアドバイスでした。飲んで演技論をうかがう、とかはなかったです。もうその日の撮影が終わったら、すぐにバタンでした」

■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(ともに文藝春秋社館)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2015年4月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『相棒』特命係は実在 『太陽にほえろ!』殉職法は俳優希望
スリムクラブ真栄田 『太陽にほえろ!』がトラウマになる
勝野洋・キャシー中島夫妻 長女の死後に勝野は脱・亭主関白

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP