ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「後悔」の度合いが大きいのは「やったこと」よりも「やらなかったこと」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リュボミアスキー教授の 人生を「幸せ」に変える10の科学的な方法/ソニア・リュボミアスキー 著、渡辺誠  監修、金井真弓 翻訳/1782円(税込)/日本実業出版社 刊
4月。新年度が始まったこの時期は、「新しいこと」を始めるのに良いタイミングですね。

しかし、
「新しいバイトを始めたいけど、面接に行く勇気がないな…」
「サークルに入りたいけど、なんだか緊張するな…」
「ジョギングを始めたいけど、なかなか始められない…」

というふうに、最初の一歩を踏み出せない人もいるかもしれません。

そんなあなたに、本『人生を「幸せ」に変える10の科学的な方法』から、この言葉を紹介します。

後悔を減らすには?


「後悔」の度合いが大きいのは「やったこと」よりも「やらなかったこと」
P.285

その理由の1つは、心理学的な現象「ツァイガルニク効果」で説明がつくそうです。
これは、人は達成できなかった事柄や中断している事柄に対し、より強い記憶や印象を持つ、というものです。

連続TVドラマを見ていて、良いところで「続きは来週…」と中断されると、すごく印象に残りますね。

同様に、「やったこと」と「やらなかったこと」では、達成できなった「やらなかったこと」のほうが印象に残り、後悔し続けるのです。

やらなかったことは、ずっと後悔し続ける

たとえば、すごく気になるお店がアルバイトを募集していたとします。
しかし、
「ここで働きたい!…でも、面接とか緊張するなぁ…」

と思うかもしれません。

このとき、勇気を出して応募してみたら。
面接で落ちたとしても、最初は凹むかもしれませんが、
「まぁ、しかたないか」

といずれ割り切れるでしょう。

ところが、けっきょく応募しなかった場合はどうでしょう。
「あぁ、やっぱり応募してみれば良かったなぁ…」

などといつまでも思い出し、悔やむことになるのです。

やってみて失敗したことの後悔は、徐々に小さくなります。
あなたも、新しいことにどんどんチャレンジしてみませんか?

本『人生を「幸せ」に変える10の科学的な方法』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453405212X/

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:ホラノコウスケ 企画:ガジェット通信

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。