ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

怖ッ!デカッ!ゴジラが歌舞伎町「TOHOシネマズ新宿」を襲撃&破壊!!【突撃レポ】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新宿にゴジラが帰ってきた!!!1984年の「ゴジラ」で新宿を壊し、1991年の「ゴジラ VSキングギドラ」で新宿にある都庁を破壊したゴジラ、、今度は歌舞伎町に登場です!

4月17日(金)にオープンした「TOHOシネマズ新宿」。その内覧会(4月16日実施)にお邪魔してきました!
この「TOHOシネマズ新宿」は映画館としてもすごいのですが、話題になっているのは、この映画館と併設してるホテル「ホテルグレイスリー新宿」が、ゴジラをテーマにした仕様になっていて、つまり新宿に現れたゴジラが、このホテル×映画館の巨大な建物を襲撃しているかのような外観になっていることなのです!!

というわけで早速そのレポートです。

まず外観です。ね、ゴジラがいるでしょう!怪獣映画の中でしか観ることのできなかった、夢のようなシーンが本当に街の中で再現されたわけです!
で、さっそくこの建物の中に入っていくと、3階から6階までが映画館。「TOHOシネマズ新宿」ゾーンです。で、ここは、12スクリーン(約2300席)もあるのです!しかもIMAXとTCXと、6月には4D(MediaMation MX4D)と体感型のスクリーンが3種類も入っているのです!全部のスクリーンで、「アベンジャーズ:エイジ オブ ウルトロン」とか見比べてみたいなあ(笑)

さらに「プレミアラグジュアリーシート」なる超豪華な座席もあるのです。この「プレミアラグジュアリーシート」はフットレストがあり、しかもリクライニングシート・・・なんていうか重役席みたいなすごい席です。お値段も4800円ぐらいするわけですが、本当に豪華。いま映画って様々な割引サービスがありますが、その逆にこういう高い席もある。トニー・スターク気分で、「プレミアラグジュアリーシート」を楽しんでみたいですね(笑)

チケット売り場、売店も広くて ホテルのロビーみたい。劇場内グッズ売場「ザ・ストア」では、「TOHOシネマズ新宿」限定の”新宿×ゴジラ・グッズ”売っています!

そして8階から30階がホテル・ゾーン=「ホテルグレイスリー新宿」ですが、この8階のテラス部分にゴジラの等身大(!)ヘッドが設置されているのです。これがこの施設のシンボルであり、外観から見える巨大ゴジラの正体です。

この8階にある、ゴジラビュールームに泊まると、”窓の外に巨大なゴジラがいる!”という気分を楽しめるようになっています。30階には、ゴジラをテーマにした、ゴジラ・ファンのための究極のゾーン「ゴジラルーム」という部屋もあるそうです。(今回の内覧会ではお披露目されず)

新しい映画館が出来るというのは、それだけでワクワクしてしまいますが、”ゴジラが見守っている(にらみをきかせている?いや襲っている?)映画館”というのは、さらに高揚感UP!です。

「TOHOシネマズ新宿」はあの有名な「コマ劇場」の跡地ということですが、歌舞伎町にあった「新宿プラザ劇場」という大きな映画館の遺伝子を継ぐシネコンでもあるのです。この「新宿プラザ劇場」は、「スター・ウォーズ」全6作をすべて上映した映画館なので、日本の「スター・ウォーズ」ファンにとって聖地とされている映画館でもあるのです。(*有楽町の「日劇」は『ジェダイの復讐』の時に改装中で、この作品のみ「有楽座」上映の措置がとられたのです)
「スター・ウォーズ:フォースの覚醒」が公開されるこの年に、「新宿プラザ劇場」の後継者である「TOHOシネマズ新宿」がオープンしたこと、まさにフォースのお導きですね。

なお「TOHOシネマズ新宿」では、17日(金)から「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」のムビチケを先行発売です!クイックシルバー並みのスピードで買いに行きましょう!(笑)

https://youtu.be/78YbGktcHe0

https://youtu.be/a_WRsHyOTjY

テキスト・文・撮影/杉山すぴ豊

■参照リンク
・TOHOシネマズ新宿
http://www.tohotheater.jp/campaign/toho_shinjuku/
・ホテルグレイスリー新宿
http://gracery.com/shinjuku/godzilla/index.html

関連記事リンク(外部サイト)

可愛すぎる2歳児の天才DJがスゴすぎるとネット上で話題に【動画】
指名するなよ!アイスバケツチャレンジに続く新ブームは唐辛子丸かじりチャレンジ【動画】
Charの還暦記念アルバムにスカパラ、ハマ・オカモト、KenKenらがゲスト参戦して超豪華すぎる
ロビン・ウィリアムズのそっくりさんのモノマネが似すぎて泣けると話題に【動画】
マイケル・マンが描く現代ネット社会の闇『ブラックハット』がリアルすぎて必見!

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP