ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

充電時間はたったの「1分」!新型のスマホバッテリーが発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スタンフォード大学の科学者が開発したアルミニウム電池は、長寿命・安価な上に今のものよりも安全と至れり尽くせりのようです。

プロトタイプでの実験では、フルチャージまで1分ほど。将来的にはもっと短くなる可能性もあるようです。

いくつか特徴があるようです。まず、安く素材が手に入ること、発火の可能性が少ないこと、大容量であること。さらに、繰り返し充電できる回数もリチウム電池が1,000回に対して7,500回ととても長持ち。

リチウム電池に比べると電圧がまだ低いようですが、今後研究が進むことで解決されるそう。開発に関わった、スタンフォード大学の教授はこう語っています。

「ある意味で、バッテリーの理想の形を全て実現しています。価格、安全性、充電速度、柔軟性、寿命。私はこれが近い将来の新しいスタンダードになると考えています。とてもワクワクしていますよ」

折れるほど柔らかい性質もあるようなので、将来的に「たためるスマホ」にも利用できるのではないかと期待されています。今後、主流となるのでしょうか?商品化が待ち遠しい!

Top photo by mbiebusch on flickr
Reference:DIGITAL TRENDS

関連記事リンク(外部サイト)

アメリカ政府が、Amazon社のドローン配送システムの実験を認可!商品が空輸されてくる未来も遠くないかも?
2017年に商品化される?世界初の空飛ぶクルマ「AeroMobil」が登場!
つけるだけで集中力が上がる「メガネ」が登場。プログラムの開発はNASA!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP