ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バナナマン日村の熱愛 一片の妬みなく祝福できてこそ大人だ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「バナナマン」の日村勇紀と元NHKアナウンサーの神田愛花との熱愛が発覚した。ブサメンが美女を射止めたときの対処ほど、大人の器量が試されることはない。大人力コラムニストの石原壮一郎が、芸能人仲間の祝福から大人力を学ぶ。

 * * *
 いろんな熱愛報道がありますが、これほど多くの人をあたたかい気持ちにさせた熱愛報道は珍しいのではないでしょうか。4月17日発売の「FRIDAY」(講談社)が、バナナマンの日村勇紀と元NHKアナウンサーの神田愛花との熱愛をスクープ。日村のマンションにスーパーの買い物袋を持った神田が入っていく姿や、ベランダからふたりが並んで顔を出している瞬間の写真が掲載されました。

 これまで浮いた話とは無縁で、自他ともに認める「ブサメン」の日村が、神田のような才色兼備の女性と交際しているというニュースは、殺伐としたニュースが多い中での一服の清涼剤と言えるでしょう。とくに、自分は爽やかなイケメンタイプではないと自認している男性、つまり大多数の男性に大いに勇気を与えました。さすが日村ユウキ。

 さっそく、相方の設楽統やカンニング竹山、おぎやはぎなど、日村の周囲もテレビ番組などで祝福の言葉を発しています。たとえば会社の後輩や友達で、明らかに女性と縁がなさそうなヤツが驚くような美女を射止めた場合、どう祝福すればいいのか。日村に対する祝福の言葉を参考にしつつ、考えてみましょう。

 設楽は自身が司会を務める番組の中で、すでに交際について聞いていたことを明かしつつ「いい年ですから、どうせだったら結婚して体調みてほしい」と発言。さらに、以前から女子アナ好きとして知られていたことを受けて「女子アナが好きっていうのはブレてない」とホメました。相方への気遣いを見せつつ熱愛を後押しし、しかも女子アナ好きをいじることで、お笑い芸人である日村の存在感を引き立たせています。

 番組に出演していたカンニング竹山も、笑いながら「この番組終わったらすぐ冷やかしの電話入れてやろ」とコメントして、あたたかい気持ちで見守りつつ交際を祝福している様子を示しました。そこからは、日村が周囲に好かれている様子が伝わってきます。

 また、おぎやはぎのふたりは、ラジオ番組の中で「日村さんと付き合うってスゴイね」「実際、目の前にいたら気持ち悪いもんね」などと日村を落としつつ、神田について「やっぱり男として見てくれてるんだね。良い人だね」「良い子だよ~。日村さん選ぶって、すごいでしょ!? 好感度上がるし」と絶賛。一見、日村を悪く言っているようでいて、相手の神田を持ち上げることで日村も同時に持ち上げていると言えるでしょう。

 それぞれ大人力にあふれた祝福コメントです。自分に置き換えて、周囲のいかにもモテなさそうな後輩や友達に彼女ができたとしたら、どうコメントすればいいのか。つい言いそうだけど絶対に言ってはいけないのは「なんであいつに彼女ができて、俺には……」という妬み丸出しのセリフ。妬んだ瞬間、完全に「負けた側」になりますが、そこで踏ん張って「よかったなあ」と祝福できれば敗北感を味わう必要はありません。

 相手の女性を知っている場合は「あの子は、やっぱりいい子だと思ってたんだよ」と絶賛し、知らない場合も「きっといい子に違いないよ」と高く評価しましょう。本人の前で「これは、みんなで祝賀会をやらないといけないね」と盛り上がってみたり、「どういういきさつで付き合い始めたのか、酒を飲ませて根掘り葉掘り聞かないとね」と興味津々の様子を見せたりすることも大切です。

 本人にとっては何よりの祝福になるし、周囲から「おっ、こいつけっこう後輩思いで心が広いやつなんだな」と思ってもらえる気がするでしょう。自分がそいつに負けず劣らずのモテなさそうなタイプで、男女関係的に恵まれない状況にあるとしたら、ショックを和らげるためにも余計な同情をはねのけるためにも、なおさら頑張りたいところです。

 とりあえずは職場で、日村の熱愛報道をあたたかく祝福する姿勢を見せれば、器の大きさのようなものを醸し出せるに違いありません。まあ、もちろん周囲の芸能人のみなさんは、大きな気持ちで素直に祝福しているだけ。そんな余計な下心を持ってしまう時点でかなり器が小さいと言えますが、小さいなりの戦い方で必死でもがくのも大人の美学です。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
バナナマン日村と熱愛の神田愛花アナ そのスタッフ評とは?
モテモテのバナナマン日村 女性からは「最後までハンサム」評
森山直太朗とスキマスイッチ バナナマン日村の音楽の才能評価

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP