ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

各所で「いい人」扱いされ絶賛の博多華丸・大吉その説に困惑

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年結成25周年を迎える芸人・博多華丸・大吉の最近の話題といえば、2014年の「THE MANZAI」(フジテレビ系列)での優勝だ。大会最高顧問のビートたけしから「老舗の有名な店の味を出されて『恐れ入りました』という感じ」と評され、質の高さと安定感を的確に表したその称賛は、多くの芸能ニュースで紹介された。また、彼らの評価を高めているのは、芸だけではない。ネット上では彼らの“いい人ぶり”がしばしば称えられ、そのエピソードの数々も、幅広い層からの人気の一因となっている。

 4月17日からOAが始まった“トクホのサイダー”「三ツ矢サイダープラス」のCMに起用された博多華丸・大吉。HPに掲載されているメイキング映像にも、その“いい人ぶり”の一端はうかがえるのだが、現場にいたスタッフから大絶賛なのだ。

「CM撮影では、いくつかのバージョンを撮るんですが、採用されたもののひとつ『アイムベリーうれしかばい!』は、華丸さんのアドリブなんですよ。こちらが用意したパターン以外にも、いろいろアドリブを挟んでくださって、大吉さんもまた絶妙な間合いでツッコミを入れる――スタッフと一緒に作っている姿勢に、現場のモチベーションは上がりましたね」(CM撮影スタッフ)

「PRコメントの撮影用に、お二人に白いごはんと、それに合うおかずをお出しした時、私が“食べやすくしよう”と、お二人の地元の味・明太子をほぐした状態で盛りつけたんです。それを食べながら華丸さんが『明太子の皮はどこ!? あそこが一番美味しいんよ。俺の皮~!!』と、おもしろおかしく力説。みんな和やかに笑っていたのですが、私は“失敗した!”と思い焦ってしまって……。その様子に気づいて『そんなん気にしんと! 食べやすくしてくれて、ありがとう』と、優しく笑ってくれたんです。噂以上の“いい人”で、本当に感激しちゃいました」(CM撮影アシスタント)

 またコンビとしての2人の“仲良しぶり”にも、現場は和んだという。

「商品を飲むカット撮りの際、華丸さんに監督から演技指導が入ったんですよ。その時一緒にモニターを見ていた大吉さんが、『ちょっと“哺乳瓶”感が……』とツッコミを入れて、スタジオが笑いに包まれました」(前出・CM撮影スタッフ)

 さらに本編撮影後に行われたナレーション録りでは、2人の息がぴったり合い、すぐに「OKテイク」が録れたため、予定より早く撮影が終了したという。こうした対応力に触れて、2人のファンになるのは業界関係者だけではない。

「TVに出ると宣伝になるし、たくさんの人が店に来てくれるけど、そのせいで常連さんが入れなくなるから、取材や撮影はお断りしています」という飲食店は結構ある。そうしたお店のひとつ、福岡料理がメインの店・Aも店主の方針で取材・撮影を固辞し続けてきた。しかし人気アイドルや大物女優が店を訪問する企画の撮影に、協力を承諾。理由を聞いてみたところ、「博多華丸・大吉さんに、頼まれたけんねぇ。華丸・大吉さんが来てくれるんじゃ、断れんでしょ」と、本当に嬉しそうに言う。人気アイドルより、大物女優より、「案内人が博多華丸・大吉」というのが決め手だったのだ。

「博多料理の美味しいお店など、番組スタッフから相談されるようです。その際は紹介だけでなく、収録の前後にお店へフォロー連絡を入れるなど、かなり丁寧な対応されていると聞いています。でも撮影が入るとお店に迷惑がかかる場合があるので、華丸さんなどは最近『自分が直接現場に行って、その場でフォローできない時は、ご紹介自体を遠慮させてください』と、とにかく“お店に迷惑をかけないように”ってすごく気を遣いますね。お店の方々もそういう気遣いに、『華丸・大吉さんのお願いなら』ってなるみたいですよ」(業界関係者)

 こうした“いい人ぶり”が話題になることに、本人たちはどう思っているのだろうか? 担当マネージャーに話を聞いた。

「正直“いい人”と言われることに、博多華丸・大吉の2人も、マネージャーである私も、ピンと来てないんです。そう言っていただけるのは、とてもありがたいと思っているのですが、どちらかというと、“当たり前のことを普通にやっているだけ”という感覚といいますか……強いて言えば、芸能人っぽくないのかもしれません。とにかく普通というか、芸能人ぶることはないですし、変装もしないで電車に乗って移動したり、よくある『芸能人ルート』のような特別扱いは、絶対に使わないですね。

 よく2人が、周りのスタッフや私にかけるのが、『お腹減ってない?』『疲れてない?』『休み取れてる?』といったこと。これって普通の人が一緒にいる人に対して、当たり前にかける言葉だと思うんですよ。“自分がお腹すいてきたから、この人もお腹減ってるんじゃないかな?”みたいな。たぶん華丸・大吉はスタッフやマネージャーと同じ目線というか、シンプルに『同じ人間だ』と思っているだけじゃないかと。スタッフなどに不機嫌な様子を見せることはないし、気遣いができるという点で、確かに“地が優しい”というところはあるかもしれませんけど、過剰に気を遣ったりしませんし、本当に普通です」(担当マネージャー)

 かなりの頻度で、「普通」「~なだけ」「当たり前」という言葉が出てきたが、体を気遣うトクホ商品のCMキャラクターに起用される年代であり、高い評価やポジションを築いている人が、さり気ない気遣いを当たり前にできるというのは、なんだか“いい人”というより“カッコイイ大人”なのかもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
屋台から老舗まで 博多華丸が推薦する福岡の絶品ラーメン
後輩芸人が語る有吉弘行からの教え「プライドを捨てろ」
ずん飯尾和樹 影響を受けたとんねるず石橋貴明の言葉明かす

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP