ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

能年玲奈と有村架純 明暗分けたのは『あまちゃん』後の戦略

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2013年に放送され大ブームとなったNHK連続テレビ小説『あまちゃん』。このドラマからは2人の人気女優が誕生した。天野アキ役で主演した能年玲奈(21才)と、アキの母親の若い頃を演じた有村架純(22才)である。当初は能年のほうが注目されていたが、今や有村が映画、ドラマ、CMに引っ張りだこ。人気は逆転の様相を呈している。

『あまちゃん』後、まっさきに次回作が注目されたのは能年のほうだった。『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)などの短編ドラマやCMに出演。満を持して出演した主演作は、少女漫画原作の映画『ホットロード』だった。

「伝説的な少女漫画だけに、能年が不良少女役をどう演じるかに注目が集まった。映画は興行的にヒットし、能年は少女の苦悩を見事に演じ切っていた、ということで、女優としては一定の評価を得たと言っていいと思います」(映画関係者)

 しかし、昨年12月に公開された主演映画『海月姫』はあまり話題にならず、興行的にも大不振となった。

 一方、有村はどうか。『あまちゃん』後、ドラマでは『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)などの作品に、映画では『ストロボ・エッジ』など、話題作に立て続けに出演していった。

「能年と違うのは、主演作ではなく、脇役としての出演ということです。そのため、ドラマがヒットしなくても“有村のドラマがコケた”とは言われなくて済む。話題作に出たあとの作品というのは注目度が高いですから、リスクヘッジとしては、主演作にこだわるのではなく、脇役での出演を重ねるのは非常に有効なのです。

 さらに、有村は数多くの作品に出ることで、『あまちゃん』のイメージをすっかり払拭できています。逆に能年の場合、いつまでも『あまちゃん』のイメージがつきまとってしまう。もちろん、能年の場合、『あまちゃん』で主演でしたので、そのイメージは有村よりも強いわけですが…」(芸能ライター)

 5月公開の『学年ビリのギャルが偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 』で、ついに主演デビューを果たす有村。

「女優としての真価が問われるが、これまで積み上げてきた実績があるので、たとえコケてもダメージは少ないでしょう」(前出・芸能ライター)

 多くの朝ドラ女優がその呪縛を抜け出せないでいるが、「脇役&多作」というのは、イメージの脱却を図るうえでひとつの戦略と言えるかもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
内気な少女が女優に変わる 18歳美少女・有村架純を微笑み撮
『あまちゃん』ヒットの秘密? A型女優をO型が盛り上げた
あまちゃん3人娘の能年・橋本・有村 CM価値では明暗分かれた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP