ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JR境線鬼太郎列車 目玉の親父・ねずみ男等6種類の列車運行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 春の行楽で子供にウケる「鉄板」プランが、人気キャラ列車での親子旅。乗り込む車両が大好きなキャラクターで彩られた列車は、まさに夢の世界。それが実際に動き、中でお弁当を食べたり、景色を眺めたり、走り回ったりすれば気分最高。テーマパーク以上に刺激的だ!

 鳥取県のJR西日本米子支社では、鬼太郎列車が運行中だ。

 鳥取県境港市出身の漫画家・水木しげるさんの作品『ゲゲゲの鬼太郎』のイラストを車両に描いた「鬼太郎列車」。1993年の登場から年々進化して、現在は鬼太郎をはじめ、目玉おやじ、ねずみ男、ねこ娘、こなきじじい、砂かけばばあの6種類の列車が毎日運行中だ。

 走る列車の種類や時間は毎日変わるので確認を。

【米子駅(鳥取・米子)~境港駅(鳥取・境港)で片道320円。問JR西日本米子支社営業課】

※女性セブン 2015年4月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
妖怪ラテや妖怪焼きなどゲゲゲの街の“鬼太郎グルメ”
三陸鉄道こたつ列車 『あまちゃん』で話題のうに丼も登場
来年90歳 「ゲゲゲ」の水木しげるが答える人生論が登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP