ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暗闇の中の対話「初対面でも急速に仲間意識が芽生えた」体験

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全くの暗闇を体験してみませんか。「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」(Dialog in the Dark、暗闇の中の対話)というイベントが注目を集めている。体験すれば感性が高まり、人の世の多様性を感じることができるという。本当なのか、コラムニストのオバタカズユキ氏が体験してみた。

 * * *
 人間が外界から得る情報の8割は視覚情報だといわれている。その視覚が突然まったく使えなくなったら、いったい自分はどうなるだろう――。

 先日発行された志村真介著『暗闇から世界が変わる』(講談社現代新書)は、一筋の光もない暗闇の中で行われる「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」(Dialog in the Dark、暗闇の中の対話。以下、DID)というイベントを、本場ドイツから持ち込み、日本流にアレンジし、東京と大阪の2会場での常設化にまで漕ぎつけた著者の奮戦記だ。

 なにげに読んでみたら、これが相当おもしろかった。私とほぼ同年代の志村氏が、社会的地位もやりがいも給料も良かった勤めを辞めて、なぜ社会起業家として悪戦苦闘の道を歩むようになったのか。彼の半生がぶっちゃけられていて興味深い。でも、より惹かれたのは、彼をそこまでとりこにしたイベント自体だ。DIDについて本にこうある。

〈イベントに参加するのは、一つのユニット(グループ)につき八人のみです。一つのユニットには一人ずつアテンド(案内人)がつき、真っ暗闇の中を歩き回って、さまざまな体験をします〉

 アテンドを担うのは視覚障害者。〈いわば暗闇のエキスパートである彼らにサポートをしてもらいながら、暗闇の中でさまざまなシーンを体験する〉。 彼らの案内で視覚を使わないワークショップのようなことをするため、〈ともすればDIDは、「目が見えないかわいそうな人たちの状態を疑似体験するもの」と思われがち〉だという。

〈しかし、これはDIDの機能のごくごく一部に過ぎません。用意している暗闇は、どんな立場やどんな役割の人でもフラットになれる場所です。そこでは視覚以外の感覚を磨くことも感性を高めることもできるし、共に行動する人たちを助けたり、逆に助けられたりする中で、楽しみながら相手のことを本当の意味で知ることもできます。DIDの暗闇は、お互いの多様性を認め合っていくことができる「対等な自由の場」なのです〉

 けっこうすごい効用が書かれている。なるほど、誰でもフラットになれ、感性が高まり、人の世の多様性が認められたら、それはすばらしい体験だろう。けれど、ちょっと自己啓発っぽくもある。暗闇体験ぐらいで人はそんなに容易く“いい人”になれるものか。やや眉唾だ。

 ただ、ふだんの私は起きているうちのかなりの時間を、読書とPC使用に割いている。平均的な人よりだいぶ目を使っているはずで、もしかしたら外界から得る情報の9割以上が視覚情報かもしれない。それがスポッと無くなったら、いったいどうなるのだろうか。猜疑心よりも好奇心が強く湧いてきたので、実際、常設会場に出かけることにした。

 場所は、都心の一等地の外苑前。アクセス方法はたくさんあり、私はJRの千駄ヶ谷駅から徒歩12分のルートを選んだ。東京体育館や国立競技場に接する大通りを南下、背脂入りラーメンの老舗「ホープ軒」を右手に見ながらそのまま進むと上り坂の途中、右手にコンクリート打ちっぱなしのモダンなビルが出現する。その地下1階がDIDの会場だ。

 料金はネットでの予約時に前払い済みだから、エントランスでは自分の名前を告げて本人であることを証明するもの(私は自動車運転免許証)を受付スタッフに呈示し、あとは壁の掲示物を見たり、ソファでくつろいだりしながらスタートを待つ。

 イベントの全行程は90分。途中退出はできないのでトイレを済ましておく。真っ暗闇の中での落し物がないよう、持ち物は全部ロッカーに入れる。ライトが点いたり秒針の音がしたりするからか。腕時計も外しておくよう言われて、そうする。場内での「カフェ」体験時に飲み物やお菓子を購入するための小銭だけポケットに入れる。定刻になったらスタート。

 私が参加したユニットはちょうど定員の8人だった。来場者の男女比は半々とのことだが、たまたま私以外は女性ばかり。とりあえず薄暗い小部屋に入り、視覚障害者の男性アテンドさんの進行で自己紹介をする。「ここではニックネームで呼び合います」と言われ、私はごく簡単に「オバタカズユキと申します。カズでお願いします」とみんなに言う。

 で、一人一本、自分の身長に見合った白杖を手にする。使い方と場内での注意事項をアテンドさんが教えてくれ、さらに別の小部屋へ。「この部屋を暗くしていきますね」とアテンドさんが、明かりを落としていく。最後には赤い非常灯のようなもの以外、何も見えない闇になる。

「では、いよいよ中に入ります。止まっていないでどんどん行きますよ。ほうら、これが光のない世界です。先に進みますよ」

 その先で体験した内容は、あえてここで書かない。このコラムでDIDを知って参加してみたいと思う人がいたら、何がおきるか知らないほうがきっと楽しいからだ。場内の設定やそこにある大道具や小道具はごく日常的なモノで、そこで特別な何かをするわけでもない。けれども、視覚を使わずにそれらの存在を感じ取ると、たしかに意味合いというか質感というか、そのモノのリアリティがずいぶん日常と違ってくる。具体的な説明はネタバレになるから割愛しよう。

 問題は、私自身がDIDを体験した結果、フラットになれ、感性が高まり、人の世の多様性が認められるようになったか。

 その答えは微妙なところだ。場内では誰の顔も姿もまったく見えない。声質とその意図をひたすら聞き取ろうと集中しているから、美人さんだったかどうかなど、ビジュアル的な「雑念」はものの見事に消える。そういう意味ではフラット。

 感性が高まったというほどではなかったが、聴覚と触覚で得られる情報の多さや深さは実感した。暗闇だから意味がないのに、もっとよく聞き取ろうとして私はしばしば目を閉じていた。あるいは、盲目のピアニストがそうするみたいに、頭をくるくる回し動かしていた。そうすると対象物との距離感が掴めるような気がしたのだ。

 他の人たちに対しては、その多様性がというよりも、初対面なのに急速に仲間意識が芽生えた。声をかけあい、意志疎通をしないと、今自分の周囲にあるモノ、おきているコトが分からないから、自ずと協力的になるのだ。

 以上は予想の範囲内といえばそうだった。予想外だったのは、場外と場内で時間の流れがだいぶ違ったことだ。アテンドさんが「では、今回の体験もそろそろ終わります。これから出口に行きます」と言った時、「えっ、もう終わり?」と思わず声にした。他のメンバーも、みんなそう感じたそうだ。暗闇にいたのは80分間程だったが、30分か、せいぜい40分程度しか経っていない感覚だった。

 この時間感覚の変容はなぜ生じたのか。ひとつは、それだけ場内で集中していたのだろう。時間が経つのも忘れるぐらい、瞬間、瞬間に感じ取ることが新鮮で楽しかったのだ。もうひとつは、その一方で心が安らいでいて、そこにいることが気持ち良かったからだと思う。ぬくぬくの布団でまどろんでいるとすぐに時間が経ってしまうのに近い気がする。

 それともうひとつ変容があった。東京のチケット料金は大人5000円。支払時は高いと思ったが、体験後は妥当だと思えたことだ。次は感じ方がどう変わるか。私はまた視覚を使わない世界に行くつもりである。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
暗闇イベントに長蛇の列 デジタル時代とのギャップで人気か
臨死体験 空襲で亡くなった幼なじみに真っ暗闇の中で出会う
地デジ化で視聴可能局減る徳島県民「何のための地デジ化?」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。