ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Twitterで話題沸騰中! 理不尽な息子の言動を描いた「子育て奮闘マンガ」作者を直撃

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 漫画家・横山了一さんが自身のTwitter上に投稿した育児マンガ『息子の俺への態度が基本的に酷いので漫画にしてみました』シリーズが「かわいくておもしろい」と話題だ。

 横山さんの5歳になる息子を題材に描いた同作品。イヤイヤ期を迎えた息子の理不尽な言動や、無理難題に苦悩する横山さんの描写が面白く、ネット上では「めっちゃ笑ったwwwwwwwwww」「くっそカワイイwwww」「あるあるだwウチは娘がそうだったーw」などの声が上がっている。

 冒頭のマンガが火付け役となり、投稿が瞬く間に拡散され、4月16日現在で約2万8千回以上もリツイートされた。

 まずは、そんな横山さんの同マンガシリーズから、選りすぐりの5本をご覧いただきたい。

 子どもを持つ人なら、多くの人が共感してしまうのではないだろうか。また、子どもがいなくても、子どもの悪意のない理不尽な言動に、思わずクスッと笑ってしまったことだろう。

 今回、そこで横山さんに、最新の面白育児エピソードを聞いてみた。

 周囲の反響に対して、「ずっと育児マンガを描きたいと思っていたのですが、共感を得ようという気持ちはそれほどありませんでした。トイレの回では、こういった子どものリクエストは珍しいのではないかと思いマンガにしましたが、意図せずしてあるあるネタになってしまったという感じです」と語る横山さん。

 息子さんの最近の様子について尋ねると、「僕のスマホを勝手に使って、他の人にスタンプをたくさん送りつけたことがありました。しかも娘用に買ったプリキュアのスタンプを送っていたという……。適当に操作してTwitterにおかしなツイートをしたことも何度かありますね」と思わず吹き出してしまう面白エピソードを披露してくれた。

 最後に「Twitterのマンガをベースにした育児マンガの連載が、某漫画サイトで始まる予定です。週刊ペースを予定しております。ご期待ください!」と今後の抱負を語った。

横山了一さんプロフィール
1978年生まれの36歳。ヤングマガジン『熱血場長鬼瓦椿』でデビュー。連載作品は『極☆漫』(月刊少年チャンピオン)、『飯田橋のふたばちゃん』(原作、eBook USER)、『「漫画専門学校生の青春』(原作、コミックゼノン)など。30歳で結婚し、31歳で息子、34歳で娘が生まれる。妻、息子、娘の4人暮らし。

■関連リンク
横山了一さんTwitter公式アカウント
初のエッセイ漫画が発売前から反響
独特すぎるしつけが話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP