ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

aiko、ニューシングル「夢見る隙間」のライブハウスツアー会場限定盤の発売が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月18日よりスタートする、aikoの今年初のライブハウスツアー「Love Like Rock vol.7」。同ツアーで4月29日(水)に発売されるニューシングル「夢見る隙間」のLIVE会場限定盤「噛めないけどね!CD」を販売することが発表された。

この作品には、昨年のツアー「Love Like Pop vol.17.5」のLIVE映像が収録されており、千秋楽の大阪城ホールのセンターステージで披露した「恋のスーパーボール」のボサノバアレンジや、 「ポニーテール」 「大切な人」の歌唱映像に加え、バックステージの映像も収録された大ボリュームな内容。このツアーが映像化されるのは今回初めて。またバックステージの映像では普段なかなか見ることのできない、aikoのユーモア溢れる一面が存分に披露されている。

なお、CD収録楽曲は「夢見る隙間」の1曲のみとなり、カップリングの「ホーユー/ビューティラボ ホイップヘアカラー」のCMソングとして使われている楽曲「未来を拾いに」と「さよなランド」は収録されていない。

aikoのカップリング曲はこれまでもアルバムに収録されず、シングルでしか聴けない貴重な楽曲もあるため、一般のCDショップやオンラインストアで販売される初回限定仕様盤や通常仕様盤もチェックしよう。

CD発売前となる4月18日(土)、19日(日)のZepp Tokyo公演と、4月25日(土)、26日(日)のZepp Namba公演では、会場限定仕様盤の予約を受け付ける。当日はツアーグッズ同様、チケットをお持ちでないお客様も会場の外で予約をすることができる。

ライブハウスツアー「Love Like Rock vol.7」は、4月18日(土)Zepp Tokyo公演を皮切りに、8月11日(火)まで全国7都市25公演行われる。チケットは既にソールドアウトだ。

また、本日aikoが来週4月24日(金)のテレビ朝日「ミュージックステーション」に出演することも発表された。同番組では「夢見る隙間」がテレビ初披露される。こちらも見逃さないように。

シングル「夢見る隙間」
2015年4月29日(水)発売
PCCA.15018/¥1,200+税
※初回限定:カラートレイ仕様&ブックレット付
<収録曲>
M1.「夢見る隙間」
M2.「未来を拾いに」
M3 .「さよなランド」
M4.「夢見る隙間(instrumental)」

「夢見る隙間」LIVE会場限定盤「噛めないけどね!CD」
¥1,482+税
<収録楽曲>
■CD
M1.「夢見る隙間」
■DVD
1.恋のスーパーボール(Bossa ver.)
2.ポニーテール
3.大切な人
さらに、ここでしか見られない「Love Like Pop vol.17.5」バックステージ映像を収録!

aiko Live Tour「Love Like Rock vol.7」
4月18日(土) 東京 Zepp Tokyo
4月19日(日) 東京 Zepp Tokyo
4月25日(土) 大阪 Zepp Namba
4月26日(日) 大阪 Zepp Namba
5月02日(土) 北海道 Zepp Sapporo
5月03日(日) 北海道 Zepp Sapporo
5月21日(木) 愛知 Zepp Nagoya
5月22日(金) 愛知 Zepp Nagoya
5月30日(土) 大阪 Zepp Namba
5月31日(日) 大阪 Zepp Namba
6月06日(土) 福岡 Zepp Fukuoka
6月07日(日) 福岡 Zepp Fukuoka
6月20日(土) 東京 Zepp Tokyo
6月21日(日) 東京 Zepp Tokyo
7月02日(木) 東京 Zepp Tokyo
7月03日(金) 東京 Zepp Tokyo
7月11日(土) 大阪 Zepp Namba
7月12日(日) 大阪 Zepp Namba
7月17日(金) 広島 CLUB QUATTRO
7月18日(土) 広島 CLUB QUATTRO
7月21日(火) 愛知 Zepp Nagoya
7月27日(月) 東京 Zepp Tokyo
8月01日(土) 宮城 仙台 Rensa
8月02日(日) 宮城 仙台 Rensa
8月11日(火) 東京 Zepp Tokyo

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
aiko オフィシャルHP
aiko、待望のニューシングル「夢見る隙間」の収録曲を公開

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP