体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「人間は500年生きれる」Googleが語った死を治すテクノロジーとは?

150416_eternal-life

記録上、最も長生きだった人間は117歳。しかし、Google投資部門のビル・マリス氏が語った内容によれば、共同創業者であるセルゲイ・ブリン氏は「人間は500年生きれる」との考えをもっているのだとか・・・。

85singo_800px-Sergey_Brin,_Web_2.0_Conference

Photo by WIKIMEDIA COMMONS

これまでも「死を治す」と発言している同氏だが、同じような考えを持っている人は他にもたくさんいる。ペイパルの共同設立者ピーター・シール氏も、同じ分野のプロジェクトに4億円以上もの私費を投じている。

こうした研究に向かう動機は様々だが、少し前まで夢だった「不老」「延命」「不死」は、医学・科学の急速な進歩によって、実際に現実味を帯びてきているようだ。

すでに1,000歳まで
生きれる人間が存在している?

ケンブリッジ大学研究員、オーブリー・デグレイ氏はTedで1,000歳くらいまで生きられる人間はいると答えている。それは表現上のたとえでもあり、今生まれている世代の人が人生を全うする前に、技術が追いつくのではないかと可能性を語っているようだ。

実質寿命は年々伸びているとは言われているものの、その伸びはここ数年では1〜2年とわずかなもの。さらに、脳細胞の寿命は80歳程が限界だという指摘もあり、自然に劇的な延命が見込めるとは考えられない。どうしても細胞の交換など具体的なアクションが必要になってくるのだそうだが、実際にはどんな方法があるのだろう?

01.
体内に小型ロボットを送る

Googleのエンジニアリング・ディレクター、レイ・カーツワイル氏は、マイクロサイズのロボット「ナノボット」を体内に送り込み、免疫システムを強化することで分子レベルでの健康を保つことができると推測。2,030年までに実現されると見込んでいるようだ。

薬と同じような形式で飲み込まれ、血管を通って全身を巡り、ホルモンを供給し、体の中から損傷を修復する。この研究は動物実験ではすでに成功しているのだというから驚き。

02.
遺伝子を書き換える

85singo_Cyntia_Kenyon_01

Photo by WIKIMEDIA COMMONS

Googleが延命に関する研究を依頼している機関、カリフォルニア生命研究所のシンシア・キャニオン氏は、回虫の遺伝子を操作することで通常より10倍長生きさせることに成功している。また、人の身長を制限するために働く遺伝子が長寿に関係しているとも考え、現在薬品を開発している最中だそうだ。

03.
幹細胞を培養し、注射する

Stem cells - Human embryonic stem cell colony (hESC)
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。