体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1,300年で、成功者たった2人の「千日回峰行」。1,000日間歩き続けた住職が語る「人間として大切な3つの考え」

150417_ted-tohoku-ryojun

「大峯千日回峰行」という修行をご存じでしょうか?

山道を1日48km、1,000日間歩き続けるもので、1,300年間で成功者はわずか2人。その過酷な修行の2人目の達成者となったのが慈眼寺住職である塩沼亮潤氏です。

彼がTEDxTohoku 2014に登壇し、命がけで行った修行の先で見つけた「人間として本当に大切な3つの考え方」について語ってくれました。日記の内容からは、修行の壮絶さがひしひしと伝わってきます。

彼が伝えたことを3つにまとめると、

1.「千日回峰行」への挑戦
1,000日間、1日16時間歩き続ける修行を、見事に成し遂げた。1300年で成功者はわずか1人、命賭けの修行をしたからこそ見えたものがあった。

2.極限の世界で気が付いた、本当に大切なもの
途中で辞めれば切腹、生きるか死ぬかの極限の世界で気付いたのは、人間として本当に大切なもの。
それは、「感謝の心」、「反省の心」、そして相手を思いやる「敬意の心」だった。

3.「和」の精神を発信し、世界中の絆を深めたい
東北は助け合い絆を深め、ここまで復興してきた。そんな日本人の「和」の精神を世界にも発信したい。

心と心が通い合う、素晴らしい世界にしていこう。

ここからは、優しく語りかけてくれる塩沼亮潤氏のスピーチを動画でご覧頂きたい。

1,300年で成功者は1人
「千日回峰行」への挑戦

人と人、心と心が通い合っている時、私たちはこの上もない幸せを感じるものです。私は「感謝の心」、常に自己を省みる「反省の心」、そして相手を思いやる「敬意の心」、この3つがとても大切だと思っています。この考えは、「大峯千日回峰行」という修行を通じて得た世界観です。

さて、「千日回峰行」とは、1日48kmの山道を1,000日間歩き続け、それが終わると、今度は9日間に及び「飲まない」「食べない」「寝ない」「横にならない」ことを続ける修行です。

th_スクリーンショット 2015-04-17 15.13.03

 

私たちは大自然に生かされている
助け合う「和」の心を持とう

日本人が持つ宗教観について少しだけお話したいと思います。日本には昔から「神道」という民族の宗教があり、538年に「仏教」が伝わり、互いに排他性と独善性が少ないことから、日本において結びつきました。

大自然の中での共存や感謝の気持ちを大切にする「神道」と人間がよりよく生きていくための生き方を提示してくれる「仏教」。この二つが日本で深く融合し、やがて「和」という精神になりました。そして、大自然に「生かされている」という、世界でも珍しい考え方をするようになったのです。

2011年3月11日、この東北という地域を大きな地震と津波が襲いました。私たちは苦しみ、多くの困難を抱えました。そんな中でも人々は互いに助け合い、食料を分け合い、「和」の精神を大切に精いっぱい生きました。

「大峯千日回峰行」は、そういう信仰観を持つ日本ならではの大自然に向き合う修行なのです。

毎日16時間歩き続ける
死ぬ覚悟でのぞんだ「究極の修行」

奈良の吉野山・金峯山寺に向かい修行が始まると、1日48kmの山道を16時間かけて毎日歩き続け、何があろうと途中で止めることはできません。

もし万が一、自分で止める判断をしたならば、その場で腹を短刀で切って終えるという厳しい掟があります。それは、「死ぬくらいの覚悟がなければ、やってはいけない」という強い戒めであり、命を軽んじている考え方ではありません。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。