ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

筋萎縮症の男性が世界初の「頭部移植」を決意。「怖いけど、選択肢はあまりない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先天性の神経原性筋萎縮症、ウェルドニッヒ・ホフマン病の患者であるロシア人男性、Valery Spiridonovさん(30歳)は、世界初の「頭部移植」を計画している。

頭を体から切り離し、脳死状態にある健康な体へと接続する。世界初の試みにもなり、危険性は非常に高い。

 

手術を担当するイタリア人の神経外科医Sergio Canavero氏は、2年間に渡りスカイプで患者と接してきた。施術は2016年を予定している。150名体制で36時間ほどかかるそうで、費用は日本円にしておよそ11億円と高額だが、患者はボランティアとして手術を受けることになる。 

「他に選択肢はない」

 

過去にもいくつか動物を使った頭部移植手術は行われたことがある。しかし、拒否反応も強く数週間ほどで命を落としてしまう。アメリカの脳神経外科協会会長であるDr. Hunt Batjer氏も厳しい意見を表明している。

「私は今回のような手術を誰にも勧めはしない。死ぬよりも酷い結果になるだろう」

一方で、患者の意思は固い。

「もう決めたんだ。心を変える気もない。もちろん怖いよ。でも、それだけじゃない。希望でもあるんだ。

ぼくには選択肢があまりない。もし挑戦しなければ、悲しい結果が待ってるだろう。症状は年々悪くなってる。リスクは重々承知の上だけど、それが間違いかどうかなんて誰にもわからない。

家族は全面的にサポートしてくれている。みんなどれだけ危険かをわかってるけど、それでもぼくの決断を尊重してくれてる」

倫理問題も含め、難しい課題はあるようだが、手術することによって得られる医療への貢献は大きい。

どんな結果になるのかはわからないが、彼の意思を尊重する一番の方法は、現状こうする以外には存在していないのかも知れない。

Top photo by Army Medicine on flickr
Reference:DIGITAL JOURNAL , DAILY MAIL

関連記事リンク(外部サイト)

暗闇でも50m先が見えるようになる「目薬」を開発!深海魚エキス入り?
3Dプリンターで、ガンを死滅させる「ウィルス」が作れる!?(しかも1ドル)
体内を巡る医療用ドローンが開発!「心臓発作」や「脳卒中」を予防可能

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP