ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10年目迎えた滝沢歌舞伎 滝沢秀明・北山宏光・藪宏太が語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 滝沢秀明(33才)主演舞台『滝沢歌舞伎 10th Anniversary』(東京・新橋演舞場)が開幕した。2006年『滝沢演舞城』として初演以来、10年を迎える舞台に今年はHey!Say!JUMPの薮宏太(25才)とKis-My-Ft2の北山宏光(29才)が出演。今年で6年目の出演となるSnow Manほか、多くのJr.と作り上げた舞台は、10年の集大成をテーマにしながら、8月のシンガポール公演も視野に入れた躍動感溢れるものとなっていた。主演の滝沢は、今回の舞台についてこう語る。

「あっという間でしたが、10年を迎えられたのは初演から応援してくださっているお客様のおかげだと思っています。10年の感謝の気持ちを込めて、やりたいことを全て詰め込みました」

 久しぶりに『滝沢歌舞伎』の一員として舞台に立つことになった北山は並々ならぬ意欲を示す。

「6年ぶりの公演となりますが、久々に滝沢くんの背中を見ながら踊っていたら、その背中がまたでかくなっていました。座長の滝沢くんの背中を守るつもりで全力でやりたいと思います」

 滝沢を「殿」と呼んで慕う藪も自身の成長の場と8年ぶりの『滝沢歌舞伎』に気合いが入っているようだ。

「2007年が最後の舞台だったので、今回は8年ぶりとなります。ステージに立って隣にタッキーがいると、安心して落ち着きます。今回は10年目の記念すべき年なので、ぼくなりに少しでもお役に立てればなと。殿(滝沢)をお支えしながら自分も主張したいと思ってます」

※女性セブン 2015年4月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
滝沢秀明 毎年進化する滝沢歌舞伎は「観客との勝負」と語る
海老蔵代役の愛之助 海老蔵の元カノ・サトエリと親密交際か
日本プロ野球史上最も長い13字のユニフォームネーム持つ選手

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP