ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレ朝情報番組Pが確信「テレビがネットに負けることはない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ライバル番組が肩を並べる朝の情報番組。どういう基準でネタがチョイスされているのだろうか? そして、ネットの影響はあるのだろうか? 朝の情報番組『モーニングバード』(テレビ朝日系・毎週月曜~金曜8時~9時55分生放送)の小寺敦チーフプロデューサーに話を訊いた。

──番組では話題になっているニュースはもちろん、いろいろな独自のトピックを紹介していますが、そのネタ選びの基準はどういうものなのでしょうか?

小寺:ネットの影響も大きいとは思うのですが、今の視聴者は常に新しいものを求めています。少しでもわからないことがあったら、すぐに検索して情報を得ることができる。そういう意味では、ネットにある情報をテレビで流すということではなく、ネットにも取り上げられていないようなネタを、自分たちの足で探して紹介することが重要だと思います。

──朝の情報番組となると、女性の視聴者が多いと思います。女性に向けたネタ選びということはしていますか?

小寺:女性スタッフだけの会議というものをしています。ここで出てくる意見は本当に貴重ですね。男性が思いもよらなかった意見がどんどん出てきます。テレビ局はまだまだ男性社会な部分があるので、女性目線を積極的に取り入れることは必要ですね。

──ネタ選びでもっとも難しい点は?

小寺:視聴者の半歩先を行くということですね。2、3歩先だとまったく伝わらないし、1歩後だと「今さら何やってるの」となってしまう。感覚的には、ちょっと流行り始めたかなというネタをピックアップするようにしています。「10人いたら5人は知ってる」くらいのネタであれば、取り上げたあとに話題になりやすいですね。

──「これを紹介すれば間違いない」みたいな鉄板ネタはありますか?

小寺:テレビ業界でよくいわれるのは「集団は数字を持っている」ということですね。大人数を映すと、それだけ視聴率が上がると言われています。たとえば、行列のできるお店なんていうものはその典型ですね。イベントやコンサートの模様を伝える時でも、できるだけ観客が多いことがわかるような映像を使います。コンサート会場であれば、必ず上空から撮影しますね。街中を歩いていて人だかりがあると「なんだろう?」って気になるじゃないですか。そういう心理に近いんだと思います。

──テレビの視聴者がネットに奪われているという見方もありますが、どう感じていますか?

小寺:そもそもネットに負けるとは思っていません。ネットで検索されている話題の8割はテレビとアニメとゲームに関するものらしいのですが、ということは、テレビがなくなると、ネットで検索するトピックが一気に減ってしまうわけです。やはりテレビが情報源になっているんですよね。

 そういう意味で、テレビは今後も残っていくメディア。テレビがネットに取って代わられるということはないと確信しています。ただ、さっきも言いましたが、ネットの影響で、どんどん新しい情報が求められていきているのは確かです。なので、視聴者が情報を求めるスピードに負けてしまうと、テレビの力も落ちていくかもしれません。新しい情報を発信し続ける努力は絶対に惜しんではいけませんね。

──最近の情報番組は以前の「ワイドショー」に比べると、どのように変化していると思いますか?

小寺:通常のニュースを扱うことが増えましたね。昔は永田町のニュースはワイドショーでは扱いませんでしたが、おそらく「小泉劇場」あたりから、頻繁に取り上げるようになったと思います。逆に芸能ネタは減っていると思います。昔は何か出来事があるたびに芸能人が記者会見を開いていたんですが、最近は結婚にしても離婚にしても、ブログで発表して終わりというケースが多いですから。そこはネットの影響ということになるかもしれませんね。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「TV局を減らせ」と説く元業界人がTV界の現状を描いた書
テレビ局の「電波使用料」は売上高のわずか0.14%しかない
若者に“TVはネットよりつまらない”の意識浸透と上智教授

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP