ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長 Apple Watch登場で自らの「サイボーグ化」に意欲

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、Apple Watchが話題ということで、腕時計についてお話を訊きました。

 * * *
──いよいよ、アップルのスマートウォッチ「Apple Watch」が発売されますが、高須院長は購入されますか?

高須:いや、今のとこ予定はないよ。どういう時計なの?

──簡単に言えば、スマートフォンの腕時計版ですね。通話ができ、簡単なメールを受信したり、LINEのメッセージを確認したりできます。あとは、フィットネス機能なんかも搭載されています。たとえば、ランニングの走行距離や消費カロリー、心拍数などをチェックできます。

高須:なるほどね。それにしても、腕時計も進歩したもんだね。こうなったら次は、身につけるものですらなくなっちゃうだろうね。体の中にチップを埋め込むようになるんじゃないの?

──宇宙人に埋め込まれるICチップ的なものですね。

高須:そうそう。埋め込んだチップで、心拍数とか、血圧とかの情報を取得して、リアルタイムでスマホに表示するんだよ。で、音声情報もチップを振動させて、骨伝導で直接耳に伝えるようにすればいい。

──スマートウォッチすら要らなくなるというわけですね。しかも、体のあらゆるデータを取得できそうです。

高須:そういうチップが実用化したら、真っ先にぼくの体に埋め込んでみるよ。「スマートかっちゃん」だ、もはやサイボーグだな(笑い)。

──ぜひとも、サイボーグ化していただきたいです。

高須:でも、もしこの技術ができたら、いちばん最初に使うのは予備校じゃないかな。入学試験に勉強ができる奴を送り込んで、まずはそいつに解かせる。で、その答えをみんなに聞こえないように小声で話して、チップを介してほかの受験生に送る。マークシートなら、確実にみんな良い点数が取れるようになるよ。韓国に売り込めば、大儲けできそうだね(笑い)。

──なるほど。体に埋め込むタイプだと、外からわからないから悪用される可能性も高くなるわけですね。

高須:スマートフォンみたいな機能はなくても、カンニングぐらいだったら、中国あたりでもうやってるかもしれないよ。骨伝導の技術なんてものは、珍しくないわけだし、あとは受信機と送信機を頭蓋骨に埋め込むだけだからね。

──ちなみに、スマートウォッチが話題となっている一方で、「若者の腕時計離れ」なんてことがよく言われています。携帯電話、そしてスマートフォンを持つようになって、時間を確認するならそっちを見ればいい、ということなんですよね。

高須:たしかに腕時計なんていうものは、いまや実用性よりもステータスのためにあるようなものだからね。「無駄であることが素晴らしい」みたいな。昔、ドイツに留学したとき、スイスの時計職人の話を聞いたことがあったけど、年に2つくらしか作れない高級時計なのに、すぐに狂っちゃうんだって。そういう無駄こそが人間の作ったものの素晴らしさなんだってね。

──むしろ腕時計は時間を知るのに適していないというか…。

高須:そうだよ。だって、宝石が散りばめられた腕時計なんて、文字盤が光っちゃって何も見えないもん(笑い)。そういうもんなんだよ。

──そういう意味では、若者にかぎらず、合理的な考え方が主流になっていますよね。無駄なものにお金を払いたがらない風潮があるというか。

高須:今は二極化しちゃってるからね。一部の大金持ちは、無駄なことにどんどんお金を使ってるけど、それ以外の人は堅実になっているんだろうね。でも、そのうち揺り戻しが来てくれたらいいと思うけどな。無駄なことをしていると楽しいことも多いから。

 今の若者たちは「銀座で遊んでいるおっさんって、なんでヤラせてもくれない女性たちのためにこんなことをしてんだろう?」って思うんだろうね。非効率的なのが遊びだって理解できないみたい。いっぱい貢いでフラれる過程を楽しむとか、そういう無駄を「粋」ってことにして、楽しんでいきたいね。若者にわかるかな? わかんないかなあ。「全部僕のおごりだ! パーツとやろうぜ。豪華絢爛。飲めや! 騒げや!」ならわかるだろ?

 * * *
「無駄」を楽しむ心は必要だといいつつも、「スマートかっちゃん」化にノリノリな高須院長。美容整形における最新技術の素晴らしさを自らの身をもって証明してきた院長に、「スマート化」の素晴らしさも教えていいただきたいです!

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)など。最新刊は『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。

撮影■津野貴生


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高須クリニック院長解説 美バスト&安全豊胸術学ぶセミナー
高須克弥&西原理恵子が2人揃って熱愛宣言 すでに交際2年
「板野友美の涙ぶくろはいまどきギャルの憧れ」と高須院長

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP