ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

漫画「タッチ」の喫茶店で出されていたナポリタンのモデルになった絶品ナポリタンを味わおう!練馬の「喫茶アンデス」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

漫画「タッチ」と聞いてしらない人はいるだろうか?あだち充先生の漫画作品で、高校野球を題材にした青春恋愛ストーリーの傑作と言ってもいい作品だ。

単行本の総売上は、一億部以上というから、誰もが知る国民的な漫画であることは間違いない。

そんな国民的な不朽の名作の中にあって欠かせないものの1つが、喫茶店「南風」だ。ヒロイン・南ちゃんこと浅倉南の実家であり、バイト先である喫茶店、それが「南風」なのだ。

実はその作中で描かれている喫茶店「南風」のモデルになった喫茶店こそ、今回ご紹介する、喫茶店「アンデス」。

・あだち充先生お気に入りの喫茶店
実はこちらのお店、「タッチ」を生んだマンガ家・あだち充先生のお気に入りの喫茶店とのこと。「タッチ」を連載していた頃も、そして今も、打ち合わせに使っているほどのお気に入りのお店なのだ。

・dancyu 2013年10月号にエピソードが掲載されている
dancyuというプレジデント社から出版されているグルメ雑誌にあだち充先生が登場し、「タッチ」と「アンデス」との関係を語っている。記事によると、練馬駅からすぐの老舗喫茶店「アンデス」で提供されるナポリタンは、「タッチ」に登場するあの喫茶店「南風」のナポリタンのモデルともなった、ということなのだ。

・重厚かつ包み込まれるような雰囲気
練馬駅から徒歩1分の場所にあり、大通り沿いのビルの2階にあるこちらのお店。店内に入ると、そこはまるで異空間。まるで超売れっ子の漫画家先生の書斎のような雰囲気すらただよう、包み込まれるような、何ともいえない落ち着きを感じる空間なのだ。ここで文筆活動に励めば、恐ろしいほどの文学作品や傑作と呼ばれる漫画が産まれてくる!というような雰囲気すら感じてしまう。

・まさにこれぞ、ザ・ナポリタン
白いお皿に鮮やかなケチャップの色。しっかりと炒められた香ばしい香りとケチャップの酸味が、湯気と一緒に立ちのぼってくるナポリタンは、まさにナポリタンの王道とも言える。こちらのナポリタンには、ゆで卵が添えられ、乾燥パセリの緑で鮮やかに化粧をしているのが印象的だ。

・そのままで美味しい絶品のナポリタン
濃厚なケチャップソースとそれを受け止める、もちっとしたコシのある麺。マッシュルームやタマネギ、細切りされたピーマンが脇を固める。ソースはしっかりと炒められているためか、湯気で感じる酸味感よりも非常に柔らかい味わい。そしてさらに、添えられたゆで卵は優しい甘さを届けてくれるのだ。

・自分好みの味を探そう
何も加えずに楽しんだ後は、自分の時間を楽しんでもらいたい。一緒に供されるタバスコをかけたり、チーズをかけたりして、味の変化を楽しんでもいいのだ。そういう味の探検を1つのお皿の上で楽しんでみるのもいいだろう。

まるで書斎のような、隠れ家のような喫茶店で時間を過ごすのもいいのではないだろうか。

しかしこのお店は単なる喫茶店ではない。不朽の名作といわれ、いまでもたくさんのファンがいる漫画「タッチ」が産まれた場所でもあるのだ。

雰囲気に酔いしれながら、その時間が産み出した傑作とも言える「ナポリタン」を味わってみてはいかがだろうか。きっとそこでは、愛される理由を感じる事ができる、そんな素敵な味に出会う事ができるだろう。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 アンデス
住所 東京都練馬区豊玉北5-17-9 井上ビル2F
営業時間 7:00~22:00
定休日 日曜日

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。