ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベルリンっ子が行列するカリー・ヴルストのお店にいってきた。ベルリンで一番美味しいと言われるカリー・ヴルストのお店「コノプケ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドイツの首都ベルリン。ベルリンの壁や博物館島で有名なこの町には、もう一つ忘れてはならないベルリン名物がある。それがカリー・ヴルストだ。

カリー・ヴルストとは、焼いたソーセージの上にケチャップとカレー粉をまぶした料理。シンプルでありながら、カレー粉のあとひく味わいがたまらない、ドイツが誇る人気のB級グルメの1つだ。

実はこの人気のB級グルメの最高峰とも呼ばれているお店が、今回ご紹介する「コノプケ(Konnopke’s Imbiß) 」というお店。ベルリンっ子が愛して止まないお店の1つともいわれているこちらのお店、実際にどんなカリーヴルストなのかご紹介したい。

・少し行きづらい場所
こちらのお店、中心地のアレクサンダープラッツ(Alexanderplatz)駅から地下鉄U2にのって3駅目のエベルスワルダー通り(Eberswalder Straße)駅を降りて少し歩いた場所にある。繁華街から少し離れているので、乗り放題チケットを持っている方は、ショッピングの息抜きに訪れてもいいかもしれない。

・高架下のスタンド
駅から少し歩くとすぐに地下鉄U2の高架下にソーセージのお店が見えてくる。そうこちらのお店こそ、ベルリンっ子が行列するといわれるほど、非常に有名なカリー・ヴルストのお店「コノプケ」だ。高架下のB級グルメというだけで、そそられてしまうのは、やはり雰囲気も味の1つではないか、と感じる。

・外はカリカリ、中はふんわり
こちらのお店、ソーセージの仕上げ具合が絶妙なのだ。他の店舗でも、少し多めの油で揚げるようにして焼いているのがカリー・ヴルストのソーセージなのだろうが、こちらのお店は、より外はカリカリ、中はふんわりとしている。日本で言えば、銀ダコのたこ焼きのような仕上がり具合なのだ。

・狙い目は平日の午後3時頃
普段はたくさんの人でごった返しているのだが、並びたくない、という方には、平日の午後3時頃をオススメする。この時間帯だとほとんど並ぶ事なく、美味しいカリー・ヴルストにありつくことができる。

さらに、実はこちらのお店、ベルリン情報が満載のサイト「トップ10ベルリン(http://www.top10berlin.de/)」でカリー・ヴルスト部門で2位にランクインされているほどのお店。

もしベルリンにいって時間があれば、繁華街とは違う場所でカリー・ヴルストを味わってみてはいかがだろうか?きっとその味は、忘れることができない、ベルリンの思い出になることだろう。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 コノプケ インビス(Konnopke’s Imbiß)
住所 Schönhauser Allee 44 b, 10435 Berlin
営業時間  9:00~23:00(土曜日のみ11時半から)
定休日 日曜・祝日
お店のHP http://www.konnopke-imbiss.de/Home.html









カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP