ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大野和士×東京都交響楽団、東京・春・音楽祭にて圧巻のフィナーレ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月13日から1ヶ月にわたって開催された【東京・春・音楽祭】のフィナーレ公演として、大野和士指揮によるベルリオーズ『レクイエム 使者のための大ミサ曲』の公演が行われた。

 数あるレクイエムの中でも、上演機会の少ないベルリオーズの『レクイエム』。その理由は、常識をはるかに超えた巨大な編成だ。ベルリオーズの指示では、ホルン12人、ティンパニー8対、シンバル10対など160人以上のオーケストラと、ソプラノ、テノール、バスそれぞれ2部ずつの6声からなる200人以上の合唱、テノール独唱、さらに会場の4ヶ所に4組のバンダを配し、会場にあわせて、より人数を増やすという前代未聞の規模となっており、4月12日も会場に入るや否や、ずらりと並んだティンパニーに目を奪われた。

 滅多に聴くことのできないプログラムであるということに加えて、大野和士が東京都交響楽団の第5代音楽監督に就任したばかりということもあり場内は満席。開演前から熱気を帯びた会場に大野和士が登場すると、第一曲「レクイエムとキリエ」が始まった。第2曲「怒りの日」では、2階席と3階席の計4ヶ所に配置された、トランペット、トロンボーンなどからなる4つのバンダが鳴り響く。まさに、場内は音の渦に包みこまれ共鳴し、独特の音色を創り上げた。テノールソロは、春祭ワーグナーシリーズ【ワルキューレ】での熱演も記憶に新しいロバート・ディーン・スミス。巨大な編成の一番後ろに登場するも、安定した豊かな響きを披露した。

 有料・無料含めて、約160の公演と、指揮者を体験できる【指揮者はあなた!  Conduct Us in 上野公園】や、子供向けの公開リハーサル、さらにはトークショーやドキュメンタリー映画の上映会など様々な企画が開催された東京・春・音楽祭。2016年は、どんなドラマが生まれるのか楽しみに待ちたい。

◎公演概要
【東京・春・音楽祭 ベルリオーズ≪レクイエム~都響新時代へ、大野和士のベルリオーズ】
日時:4月12日(日)15:00開演
会場:東京文化会館 大ホール
出演:
指揮:大野和士
テノール:ロバート・ディーン・スミス
管弦楽:東京都交響楽団
合唱:東京オペラシンガーズ
合唱指揮:レナート・バルサドンナ
合唱指導:宮松重紀
撮影:堀田力丸 / 提供:東京・春・音楽祭

関連記事リンク(外部サイト)

「東京・春・音楽祭」恒例、総出演者38名のマラソン・コンサート オンデマンド配信で後日公開予定
東京・春・音楽祭、残すところ あと1週間
桜舞う上野の森の音楽祭「東京・春・音楽祭」後半突入 24の前奏曲シリーズ、ミュージアムコンサート等

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP