ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PCなしでもカセット・テープ音源を簡単データ化するガジェット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

PCなしでもカセット・テープ音源を簡単データ化するガジェット

最近じわりじわりとアナログ・テープとともに流行しつつある、カセット・テープ。

そんなカセット・テープをPCレスでMP3データ化できるガジェットが登場した模様。

これまでもUSB経由でPCとともにアナログ・カセットを音声データ化するガジェットはそこそこあったが、このたび〈グリーンハウス〉という会社から、さらに簡単に音源データをデータ化してくれる機器が登場した。

たしかにPC立ち上げて、レコーディング・ソフトを起動して、USBのカセット・プレイヤーの再生ボタンとともに録音スタートさせて……と意外に面倒な作業なんですが、今回グリーンハウスが出した、カセット・テープ変換プレーヤー「GH-CTPA-BK」と「GH-CTPB-BK」を使えば直接、USBメモリもしくはmicroSDにデジタル・データとして保存きるのだ。

USBメモリーに保存する「GH-CTPA-BK」と、microSDに保存する「GH-CTPB-BK」の二つの機器がある。大抵はUSBメモリーで、PCなどで保存といった感じだとは思うが、例えばmicroSDスロットの付いているandroid端末などであれば、録音したものをそのまま使えるというわけだ。

音質は残念ながらMP3(128kbps)と、デジタル音楽の視聴環境がハイレゾの時代に十分とは言えないが、過去のエアチェック音源などであれば十分ではないでしょうか。
(河村)

・メーカー・ホームページ
http://www.green-house.co.jp/news/2015/r0416a.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。