ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

華道家・假屋崎省吾も通い続ける焼き鳥の名店が作る「鳥釜めし」!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月14日放送の「発見!なるほどレストラン 日本のおいしいごはんを作ろう!」(フジテレビ系、毎週火曜午後9時)では「炊き込みご飯を食べたくなる胃袋あっぱれ準備体操」と題して、華道家の假屋崎省吾さんが「鳥ぎん 銀座本店」(東京都中央区)を紹介した。

 同店は銀座駅から徒歩1分ほどの場所にある1953(昭和28)年創業の鳥料理の老舗だ。ジューシーさが自慢の焼き鳥は、紀州の備長炭で一気に焼き上げる。そんな焼き鳥の名店だから生み出せる炊き込みご飯「鳥釜めし」は、鳥のそぼろがたっぷりと入っている。「焼き鳥」に使う鶏肉をぜいたくにもそぼろ状にし、甘辛い味付けが病みつきになると人気の一品。

 「鳥釜めし」について假屋崎さんは「もう何十年と通ってますけど、本当に飽きがこない」と語った。30年以上「鳥釜めし」を食べ続けている店長は「鳥釜めし」を口に運び「おいしいです。普通のひき肉より大きめになっているのでジューシー。やはりご飯と鶏肉は相性がいい。あっぱれです」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:鳥ぎん 銀座本店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:銀座のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:銀座×和食のお店一覧
懐かしい昭和ラーメン! 創業から変わらない味「ノスタルジックラーメン」
一口食べたらとりこになるインパクトのある味「えびそば」を堪能

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP