ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

農家のみぞ知る、幻の「虹色ピーマン」が発売。甘味が強く丸かじりできる畑のおいしさを試してみて!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


株式会社エー・ピーカンパニーが、2015年4月16日(木)より宮崎県日南市・日向市塚田農場にて「虹色ピーマン」を販売した。

普段見かけるピーマンは緑色が一般的だが、ピーマンの完熟の色は、実は「赤」。
「虹色ピーマン」とは、緑から赤へと熟していく過程のカラフルなピーマン。赤くなるにつれて糖度も高くなり、色の違いによって変化する味わいを楽しめる。

色が均一でないため、通常は「規格外」としてほとんど流通することがない、農家のみぞ知る、幻のピーマンなのだ。

品種はちぐさピーマン。パプリカのような大ぶりな実と肉厚でみずみずしく、フレッシュな食感が特徴だ。また、ピーマン特有の苦みが少なく甘味が強い事も大きな特徴で、通常のピーマンの平均糖度が3度ほどなのに対し、ちぐさピーマンは6度と高糖度。
「虹色ピーマン」は、赤く熟すにつれて、最高9度(フルーツトマト並み)となる。

生産農家の菅原さんは、「見た目に関係なく、本当に美味しいものを自信を持ってお届けしたい」という想いを持つ。

販売場所は、宮崎県日南市塚田農場、宮崎県日向市塚田農場、日南館新館、わが家、じとっこ、じとっこ組合全店(全国141店舗)。

この時期にしか味わえないフレッシュな「畑のおいしさ そのまんま」を味わってみよう!

ストレートプレス:STRAIGHT PRESS - 流行情報&トレンドニュースサイト
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP