ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】顧客一人ひとりに合わせたムービーを簡単作成!?パーソナル動画「PRISM」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マーケティング戦略の手段も時代とともに変わり、今は顧客1人を対象とする「One to Oneマーケティング」が主流になりつつある。動画サイトやSNSの浸透により、その勢いはますます加速していくようだ。

そんな中、期待されるのが「PRISM」というサービス。独自開発の技術によって実現した、国内唯一の「パーソナライズド動画ソリューション」である。

その仕組みは、いかなるものか。開発元のクリエ・ジャパン、代表取締役社長兼CEO、南野 智近(なんの ともちか)氏から、詳しい話を聞いた。

・ユーザー情報を元に個々に最適な動画を提供

Q1:「PRISM」開発のきっかけと経緯について、お聞かせください。

弊社では、常にITの先進技術とマーケティング領域に関して、高い関心を持って研究開発を進めていました。

その中でも、ビッグデータ解析を始めとする、データサイエンス分野については進化し続けておりますが、せっかく緻密なデータ分析を行っても、それを最も効果的な形でユーザーとコミュニケーションする手法が、まだまだ世の中には足りないのではないか、と感じていたんですよね。

そこで、ネット環境における企業の動画活用の時代が来ることを見越して、文字や画像に比べて圧倒的な情報伝達力を持つ動画を、一人ひとりに最適な形でお届けできるようになれば、非常に高い価値を生み出すだろうと考え、パーソナライズド動画を提供する仕組みを開発したのが経緯です。

Q2:「PRISM」とは、どんなサービスなのでしょうか。

ユーザーにひもづく情報を元に、一人ひとりに応じた最適なパーソナライズド動画を提供する、One to Oneマーケティングのソリューションです。

大きな特徴としてはまず、百人百様の動画内容であること。CRMなどのユーザー情報を元に、ユーザー一人ひとりに応じたパーソナライズド動画の提供が可能です。まさに、動画による究極のOne to Oneマーケティングを実現します。

ビジュアルもわかりやすく、自由に効果的なエフェクト、映像演出によって、簡潔に内容を伝えられる上、システムで自動的に動画を生成、配信するマーケティングオートメーションを実現しています。(中略)

専用のプレイヤーやアプリは一切不要で、スマートフォン、パソコン、タブレットなど、どのデバイスでも再生ボタンを押すだけでOKです。

・特許申請した国内唯一の技術

Q3:独自の技術によって実現したソリューションだそうですが、それについてお話しいただけますでしょうか。

「PRISM」は大きく分けて、「動画生成エンジン」と「動画合成スクリプト」という2つの要素で構成されています。

動画合成エンジンは、パーツ動画の結合処理と合成素材のオーバーレイ(スーパーインポーズ方式)処理を行っています。動画合成スクリプトは、「動画のどのコマの、どの座標軸に、どのパーツを合成して、どのような挙動をさせるか」などの指令を、動画合成エンジンに対して行うプログラムです。

特許申請の際に弊社が調べた範囲では、国内で初めて、かつ、唯一の技術だと思われます。

Q4:今後の展開について、教えてください。

まずは、より多くの企業、ユーザーにご利用いただきたいと思っています。お客さまとの今までのコミュニケーションの仕方が、一気に変わりますので、その良さを是非味わっていただきたく存じます。

また、サービスの展開として現在、CRMやマーケティングのITソリューションベンダーや、総合印刷会社、大手広告代理店、映像制作会社などとの間で、パートナーシップを順次拡大しています。今後もパートナーとタイアップしながら、「PRISM」の活用提案の範囲を、どんどん広げていく予定です。

パーソナライズド動画ソリューション PRISM

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP