ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全国に千人以上いた金魚売り 現在は熊本の80歳男性ただ1人

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「きんぎょ~えっ、きんぎょっ。あぁ~、コイの子に、メダカの子」

 30kgの桶を2つ1.3mの天秤棒で肩に担いで、伸びのある声で歩く浦島さん。昭和40年代まで、「金魚ふれ売り師」と呼ばれた人々は全国に1000人以上いたが、今では浦島義弘さん(80)一人になった。

「19歳でこの世界に入りました。最初は恥ずかしくて声が出なくて、大通りを避けて細い道ばかり売り歩いたもんです」(浦島さん)

 金魚売りの桶には酸素吸入器がない。それでも金魚は元気に泳いでいるのはなぜか。

「天秤棒で担いで売り歩くから、桶の中身が揺れてうまい具合に酸素が混ざるんです。だから休んじゃいけない商売なんです(笑い)」(浦島さん)

 浦島さんを地元で知らぬ人はいない。近所の公園でひと節声をあげると、「あ、金魚のおじさんだ!」と、たちまち子供たちが取り囲む。

「1人でも多くの子供たちに『金魚のふれ売り』という文化があることを知ってもらいたいですね」(浦島さん)

 地域のイベントや小学校の課外授業に引っ張りだこの浦島さんは、「年をとる暇もない」と笑う。

撮影■江森康之

※週刊ポスト2015年4月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
87歳現役紙芝居師 「サラリーマンより収入多かった」時期も
最盛期に2500人いたチンドン屋 現在「プロ」は50~60人ほど
神奈川唯一の流しのギター弾き 楽譜なしで歌えるのは2000曲

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。