体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『帰ってきた怪獣酒場』に“かつての少年”が行ってみた!……ら?「もう帰りたくない!」って思うほどワクワクが詰まってた

 『怪獣酒場』、そこはウルトラ戦士に倒された怪獣たちが集う憩いの場。だったのだけれど、ウルトラ戦士の圧力のため惜しくも2015年3月31日で閉店。しかし、バルタン店長はじめ怪獣たちは装いも新たに『帰ってきた怪獣酒場』を再開させたのだった!

【関連:ウルトラ怪獣街ブラ番組『ウルトラ怪獣散歩』月1レギュラー決定】

入り口

 今回は店名からも推察できるように第二次ウルトラブームの作品を中心にした内装となっていて、展示されている怪獣フィギュアも『帰ってきたウルトラマン』から『ウルトラマンレオ』に登場した怪獣がメインとなっている。

 4月15日の営業再開を前に、バルタン店長がマスコミ各社を集め『帰ってきた 怪獣酒場』の魅力を知らしめるというので、ウルトラ怪獣ファンでもあるワタクシも行ってみました。

ジャミラの真実の口

 入り口にはキングジョーが立ち、『ジャミラの真実の口』も健在。まずはここでウルトラ戦士や防衛軍関係者でないことを確認してからの入店となります。

キングジョー 足跡

 通路の床には怪獣の足跡もあり、確かにここが怪獣たちの憩いの場であることが推察されます。そして各エリアごとに展示されているパネルやテーブル上の図版が違い、一度の入店ではその魅力をすべて味わうのは難しそう。もちろんそれぞれのエリアでも『怪獣酒場』の楽しさは充分に感じられますよ。

バルタン店長

 今回はバルタン店長から『怪獣酒場』再開のご挨拶もあり、マスコミ各社を前に堂々としたスピーチをされていました。え、ええ、確かに店長は例の「フォッフォッフォッ」だけですけどね。うん。アシスタントのおねいさんが日本語に訳してくれていました。

「『怪獣酒場』は、ヒーローたちに時に健闘し、ときにこてんぱんにされるウルトラ怪獣たちが、夜な夜な憂さを晴らし、気力を養って、明日への新たな悪だくみをするところ。世を忍んで営業してきたが、期間限定で一部の時間帯を地球人にむけて開放していました。ヒーローに見つかって、閉店の危機に見舞われるも、地球人たちの熱狂的な支持により、再開放決定! それが『帰ってきた怪獣酒場』です。ウルトラ怪獣たちが主役の居酒屋『帰ってきた怪獣酒場』。怪獣たちが贈る『永遠の少年たち』のオアシスが、待望の常設店舗としてオープンします」

バルタン、グドン、ツインテール グドンのおすすめ ツインテールフライ
1 2 3 4次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy