ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ワイルド・スピード』サントラが全米1位に、シングル&アルバム・チャートW制覇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 シングル・チャートと同時に、アルバムも首位に到達した『ワイルド・スピード スカイミッション』のサウンドトラック盤がNo.1となった、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 先週は17位から一気に2位へ、ジャンプアップした、映画『ワイルド・スピード スカイミッション』のサウンドトラック盤は、公開と同時に北米映画興収 では首位デビューを果たし、北米では300億を突破した。制作費や広告費も多大に掛けていることや、カーアクションモノは全米でヒットが約束されることもあるが、この映画の撮影中に自動車事故で死去したポール・ウォーカーの遺作となったことも、本作のヒット要因。また、そのポール・ウォーカーの映画のシーンを起用して制作されたPVが視聴回数を稼いでいる、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン」が、今週のシングル(HOT100)チャートで首位に到達したことから、この曲のポイントもアルバムのセールスに大きく貢献したものかと思われる。総合セールスも11万枚を突破、3位にランクイン中の映画『フィフティー・シェイズ・オブ・グレイ』に続き、上半期はサントラ盤の当たり年になったといえる。『ワイルド・スピード スカイミッション』、日本では本日4月17日に公開。

 今週のTOP10内、唯一の初登場作品は、2位にランクインしたオール・タイム・ロウ。メリーランド州出身のパンクバンドで、本作『フューチャー・ハーツ』は、通算6作目のスタジオアルバムで、前作『ドント・パニック』から約2年半ぶりの新作。これで、ブレイク作となる3rdアルバム『ナッシング・パーソナル』(2009年)から全作がTOP10入りを果たしたことになるが、その『ナッシング・パーソナル』で獲得した4位を上回り、自身初のTOP3入り、自己最高位を更新した。アルバムにはグッド・シャーロットのジョエル・マッデンや、ブリンク182のマーク・ホッパスがゲスト参加していて、先行で配信された「サムシングス・ガッタ・ギヴ」が話題を呼んだ。UKチャートではNo.1デビューを果たしている。

 TOP10内は、その他変わらずの面々が停滞していて、シングルチャートでTOP10内に2曲を送り込んでいる『フィフティー・シェイズ・オブ・グレイ』のサントラ盤(3位)や、「シュガー」が大ヒット中のマルーン5(4位)、今年の年間チャート首位を狙うテイラー・スウィフト(5位)や、グラミー賞総ナメにした、サム・スミス(6位)、エド・シーラン(9位)、メーガン・トレイナー(10位)が再浮上している。

 TOP10以下では、久々のTOP10入りを果たした「GDFR」が大ヒットしている、ラッパー、フロー・ライダーのミニ・アルバム『マイ・ハウス』が14位に初登場した。TOP10入りは逃したが、EP盤でのリリースでこの順位は、やはり先行シングル「GDFR」のヒットと、彼の衰えていない人気の証拠だろう。前作『ワイルド・ワンズ』(2012年)も同14位でのデビューだったが、アルバムから4曲のTOP10ヒットが生まれたことを受け、ロングヒットをしゴールドディスクに輝いた。本作からも、何曲のヒットが生まれるか期待される。

関連記事リンク(外部サイト)

4月18日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
4月18日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
歴代記録更新ならず! ウィズ・カリファがマーク・ロンソンを破り米ビルボード・シングル・チャート1位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP