体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桜舞い散る天空の城『竹田城跡』に行ってきた! “一国一城の主”感を味わえる眺めに感動

1

世界遺産で有名な空中都市、マチュ・ピチュ。標高の高い山の上にある遺跡ですが、日本のマチュ・ピチュと言われているのが、竹田城跡(だけだじょうせき)です。

竹田城跡は山城遺跡として全国でもまれな、完存する遺構。虎が臥せているように見えることから「虎臥城(とらふすじょう・こがじょう)」とも呼ばれているそうです。近年、メディアにも取り上げられ、昨年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』でもロケが行われました。

南米のマチュ・ピチュにはなかなか行けないけれど、日本のマチュ・ピチュなら行くことが出来そう! 天空の城を目指して向かってみました!

※すべての画像入りの記事はガジェット通信でご覧ください
http://getnews.jp/archives/920660

竹田城跡は兵庫県朝来市にある竹田駅から行くことができます。竹田駅までは冬場は電車の本数が減りますが、観光繁忙期の3月20日から6月末までは、大阪や神戸から乗れる特急電車「はまかぜ号」が毎日停車します。大阪から乗り換えなしで竹田駅まで行けるのはかなり便利!

DSC03602

小さな竹田駅に到着すると、早速ホームに竹田城跡の看板が。雲海がかかる神秘的な城跡の素敵な写真。まさに天空の城といった感じです。この写真の印象が強いですが、雲海を見るためにはいくつかの条件があります。

<雲海に運良く出会うための秘訣>
【時期】9月~11月 ※2月末までは見られるが、晩秋が一番発生しやすい
【時間】明け方から午前8時頃まで
【条件】 
1.湿度が高く十分な放射冷却があること
2.よく晴れていること
3.朝方と日中の気温の差が大きいこと
4.風が弱いこと
【その他】
但馬南部の濃霧注意報も要チェック

以上が、公式ページに記載されている条件です。なかなか遭遇するのは難しそうですね。筆者が向かったのは先日の4月上旬。なので雲海は諦め、午前中に着ければいいかな、という気楽な気持ちで向かうことに。

DSC03519

竹田駅からは徒歩で行くことも出来ますが、同じく繁忙期の期間には「天空バス」という竹田城跡周遊バスが運行しているので、それに乗って向かいました。途中にレストランやお土産屋さんが入っている観光施設「山城の郷」があり、降車して立ち寄ることも可能。

DSC03516

そして竹田城跡近くでバスを降り、遊歩道の大手門コースから、いざ出発! 

DSC03520

登っていった中腹からでも、とてもいい眺め。下を眺めたら、クラクラする不思議な感覚に襲われる絶景ポイントです。

DSC03523

そこから少しキツイ上り坂があり、ついに竹田城跡の入り口に到着。連なる石垣に気持ちが高ぶります。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。