ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「何に使うの?」 再現度が高すぎるカプセルトイ「ミニコインロッカー」が発売前から話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 玩具の企画・デザイン会社の奇譚クラブが、新たに発売を発表したカプセルトイ「ミニコインロッカー」が早くも話題を集めている。

 駅構内や街中で見かける「コインロッカー」をミニチュアサイズにした同商品は、見た目はもちろん、実際に100円硬貨でロックが解錠される仕組みになっており、本物のコインロッカーさながらのクオリティだ。

 カラーバリエーションは全部で7種類(1種類はシークレット)あり、ロッカーのナンバーシートもついているというディティールまで忠実に再現。

 この再現度の高さにネット上でも、「一体何に使えるのか見当もつかないが気になります」「いっぱい同じ色そろえるのにいくらかかるの……」など、高まる期待と疑問の声が多数寄せられている。

 リアルだがどこかシュールな雰囲気を漂わせる同商品について、より詳しく話を聞くべく、奇譚クラブの広報担当者に取材を試みた。

 担当者いわく、このミニコインロッカーは、実際に街中にあるコインロッカーを見てインスピレーションが湧いたという。「『これをミニチュア化して、お人形さん遊びがしたい……』と思ったのが企画の発端です(笑)」と遊び心あふれる答えが返ってきた。

 使用に際しては「まさに街中のコインロッカーふうなシチュエーションを作っていただきたいですね! そこにフィギュアを飾れば素敵な世界が見えてくることでしょう」とフィギュアと併用することで、さらに楽しく遊べるようだ。

 とくに同社がこだわったポイントについても聞いてみると、本物の100円玉を入れると開くところだという。「300円を入れて買っていただいたにも関わらず、さらに100円玉を入れていただくことになりますが、そのぶん開いたときの感動も深いものになるかと!」とユーモアを交えて語ってくれた。

 実際に奇譚クラブにも同商品について「写真を撮りたい」など、発売を心待ちにする声が多数寄せられているという。一方で、「何に使うの?」と素朴な疑問も届いている。

 遊び心あふれるミニコインロッカーの発売は4月23日(木)。なくしやすい小物を入れたり、お気に入りのフィギュアを添えたりして、リアルでシュールな世界を撮影して楽しんでみてはいかがだろうか。

■関連リンク
奇譚クラブ 公式ホームページ
『刀剣乱舞』のリキュール酒が話題に
話題の「燻製カレー」を食べてみた

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP