ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食物繊維のとり過ぎで栄養が吸収されなくなることが判明!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

食物繊維が栄養の吸収をブロックするケースは、昔からよく知られた話ではあります。1991年の論文(英文)によれば、不溶性の食物繊維を大量にとると、

亜鉛
マグネシウム
カルシウム
鉄分

といった必須のミネラルが上手く吸収されなくなっちゃうそうな。お腹のなかが食物繊維でいっぱいになってしまい、腸がちゃんと働かなくなっちゃうんですね。玄米や豆類にふくまれるフィチン酸と似た作用があるわけですね。

・不溶性食物繊維は究極のジャンクフード
2007年にアレクサンドラ病院が出した記事では、不溶性食物繊維にかなり厳しい立場をとってまして、「不溶性食物繊維は究極のジャンクフードだ。消化も吸収もされず、栄養もまったくない」とまで言い切っております。

・健康効果がないんじゃない?
確かに、近ごろは「実は不溶性食物繊維って思ったより健康効果がないんじゃない?」ってデータもよく見かけるようになりまして、この見方には一理ありそう。

・水溶性食物繊維はタンパク質の吸収をさまたげる
一方で、水溶性の食物繊維(難消化性デキストリンやイヌリンなど)は、腸内で細菌のエサになって酪酸 を生み、体の炎症をおさえたり、インスリン抵抗性を改善することがわかっております。その意味では不溶性食物繊維よりも良いわけですが、やはり過剰にとると栄養の吸収をジャマしちゃう。

上述したアレクサンドラ病院のレポートによると、水溶性の食物繊維にはすい臓の酵素の働きをジャマする作用があり、タンパク質の吸収をブロックしてしまうんだとか。

そんなわけで「なにごとも摂り過ぎは禁物」という、いつもの結論でありました。食物繊維については個人差が大きいので、「どれだけ飲むと摂り過ぎなの?」って基準を示すのは難しいんですが、厚労省の摂取基準では1日あたりの目安は男性20g・女性18g以上なので、サプリで摂る場合はまず1日に5グラムからスタートして様子をみることをオススメいたします。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp
もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/04/16/seni-2/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP