ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

多くのタイ人が訪れるバンコクのディープな高層廃墟ビル / 推奨できないが人気の観光地に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

けっして「バンコクの観光地」として推奨できる場所ではない。しかし現実として、多くのタイ人が訪れているディープな高層ビル廃墟が観光地化し、大きな注目を集めている。

・49階建ての高層廃墟ビル
まさに「裏観光地」ともいうべきこの廃墟の名は、サトーンユニークタワー。49階建ての高層ビルで、途中で建造が中断されてしまい、未完成のまま巨大な廃墟と化した。実際に行ってみると、その巨大さに驚かされる。

・ほぼ柱と床だけで構築
低層階はパルテノン神殿のようなデザインで、上層になるにつれ、面積が狭くなっていく設計。壁はほとんどなく、ほぼ柱と床だけで構築されている。

誰も侵入できないようにバリケードが作られていたが、現在は隙間から入ることができる。

・『北斗の拳』や『マッドマックス』の世界
敷地内に入ると、バイクに乗ったギャング風の男たちがやってきて「ヒャッハァァーー! ウェルアァァーーム!!」と出迎えてくれた。

まさに『北斗の拳』や『マッドマックス』を髣髴(ほうふつ)とさせる雰囲気である。

・階段にいる門番に600円払う
その男たちは「入るなら300円よこせ!」と言ってきたが、現地人によると彼らは「ヤクザみたいなもの」とのこと。

知らないふりをしていると男たちはあきらめ、記者の前から立ち去っていった。しかし、上階に行くには階段にいる門番に600円払う必要がある。

・49階までのぼるのも一苦労
このビルは階段をのぼれば屋上まで行くことができる。屋上にも壁はなく、落ちたら命はない。日本では考えられない放置っぷりだが、49階までのぼるのも一苦労。

同行した記者のひとりは「階段をどんどんのぼったけど、どの階も似たような風景。まるでテレビゲームをクリアしたあとに出てくる、パーツを使い回しした隠しダンジョンのようだ」と話していた。

・屋上で記念撮影をしているタイ人たち
しかし、多くのタイ人が訪れ、屋上で記念撮影をしている。屋上はまるで楽園のように美しく、そしてユニークだという。絶対に推奨できないが、バンコクに行った際には、遠くからサトーンユニークタワーを眺めてみてはいかがだろうか?

Sathorn Unique Tower
住所: Soi Charoen Krung 51 Khwaeng Yan Nawa, Khet Sathon Krung Thep Maha Nakhon
休日: 無休
ルート: スカイトレインのサパーンタクシン駅から徒歩10分

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/04/16/sathorn-unique-tower/

※ガジェ通編注・旅行情報の取り扱いについては自己責任にてお願いいたします

Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP