体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

伝説の「バックスクリーン3連発」から30年!~この一発で契約解除の可能性を打ち消した”史上最強の助っ人”バース

エンタメ
伝説の「バックスクリーン3連発」から30年!~この一発で契約解除の可能性を打ち消した”史上最強の助っ人”バース

 今日、4月17日は阪神タイガースにとってはもちろん、プロ野球界においても「伝説の日」と呼ぶべき日だ。なぜなら、30年前の1985年4月17日は、バース・掛布・岡田による「バックスクリーン3連発」が生まれた日からだ。

 そこで今日の阪神vs巨人は「レジェンズデー」と銘打たれ、3連発を放ったランディ・バース、掛布雅之、岡田彰布の3人が甲子園で顔を合わせる予定だ。試合前に3人によるセレモニーが行われるほか、記念映像の放映、さらに来場者全員に記念ピンズがプレゼントされる。

 あの伝説から今日で30年、という節目を記念して、改めて「バックスクリーン3連発」が生まれた背景を振り返ってみよう。

◎「球団創設50周年」という節目に生まれた3連発

 阪神タイガースは2015年の今年、球団創設80周年ということでさまざまな記念イベントを行っている。ということは、30年前の1985年は「球団創設50周年」という、これ以上ないメモリアルな年でもあったのだ。

 もっとも、当時の阪神は21年も優勝から遠ざかり、ある意味では「負け癖」が付いている状態だった。その深い眠りからファンはもちろんこと、選手自身も覚醒させ、「今年こそやれる!」と自信を持たせる効果がこの3連発にはあったのだ。

 また、この3連発がファンの間で語り種になる理由の1つに、ラッキーセブンに生まれた逆転弾だったから、というのも大きい。阪神ファンが今も「ラッキーセブン」で興奮するのは、あの日の歓喜が忘れられないから、という要因もあるはずだ。

◎「史上最強の助っ人」を覚醒させた3連発

 覚醒した、という意味では、当事者である3番・バース、4番・掛布、5番・岡田の3人もまた凄まじかった。この日以降、成績が上向いた3人は、最終的にバースが打率.350、54本塁打、134打点で三冠王を達成。掛布も打率.300、40本塁打、108打点。そして岡田も、打率.342、35本塁打、101打点と、3人揃って3割30本100打点オーバーというとんでもない数字を残すことになった。

 特にバースは、この試合まで打率が1割台。その前年限りで契約を解除にしようという動きもあっただけに、ファンからのヤジも厳しいものがあった。ところが、このバックスクリーン弾をキッカケに鬼神のごとく打ちまくり、「神様・仏様・バース様」「史上最強の助っ人」といった称号を得ることにつながった。

◎さまざまな人物を覚醒させた3連発

 覚醒したのは、阪神打線だけではない。打たれた側にも目を向けると、マウンドに立っていたのは巨人の槙原寛己。1983年に新人王も受賞した、当時巨人イチオシの若手右腕で、この日も勝利目前だった。ところが、バース・掛布・岡田に投じた、たった6球で失意のどん底に落とされてしまう。バックスクリーンを見つめながらマウンド上でうなだれる槙原、という映像を見たことがある人は多いだろう。

 後年、インタビューで「僕にとってもいい思い出。入団4年目。プロの世界は甘くない、というのを痛感しました」と語った槙原。この発言は、決して負け惜しみでなく、この苦い経験が槙原を成長させた。槙原が巨人のエースとして安定した成績を収めるのは、この翌年からのこと。阪神戦の相性もよく、通算38勝10敗、勝率.792と安定した成績を残した。阪神にとっては憎っくきエースを覚醒させてしまった、といえるかもしれない。

1 2次のページ
Scoopie Newsの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会