ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東京の「ランチ難民」を救うベンチャー IT駆使し超速の「弁当宅配システム」で届ける

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
東京の「ランチ難民」を救うベンチャー IT駆使し超速の「弁当宅配システム」で届ける

社員食堂のないオフィスに勤める200人に、テレビ東京がアンケート調査をおこなったところ、「昼の休憩時間にランチを食べられないことがある」と答えた人は38%にのぼった。

昼時のオフィス街では、食堂やレストランは長蛇の列。コンビニのレジ待ちも相当な列で、忙しい合間を縫っての昼食は、ビジネスマンにとって頭の痛い問題だ。2015年4月14日放送の「ガイアの夜明け」(テレビ東京)は、そんなランチ問題を解決する新しいランチビジネスの姿を追った。

昼食抜きの経験から「手軽なランチ」効率的に届ける

東京・渋谷区のマンションの一室にある、社員3人の「ベントー・ドット・ジェーピー」は、1個からでも届ける弁当の宅配サービスを行っている。スマホのアプリで簡単に注文でき、配送料込みで800円の弁当が平均10分で届く。利用者はあらかじめ登録しておく必要があるが、「安いし頼みやすい。ものすごく速い」と好評だ。

2014年4月に起業した社長の小林篤昌さん(28歳)は、もともとゲームソフトを開発する会社で働いていたが、このサービスを開始した思いをこう明かす。

「(仕事が多忙で外に行く時間がなく)昼食を抜かないといけないという経験が多かった。ある程度満足して食べられるランチが、もっと手軽に届けばいいなと思いました」

速さと安さの秘密は、徹底した合理化だ。午前10時、外注した弁当およそ100個が事務所に届く。1日1種類にすることでコストを抑え、配達の効率も上げている。アルバイトが自転車で弁当を運び、それぞれ担当エリアで待機する。配達エリアは、渋谷駅と六本木ヒルズの周辺に限定している。

正午には本社へ続々と注文が入り、客の近くで待機する配達員のスマホに情報が送られる。抜け道裏道を熟知したバイトの青年は、5分ほどで配達できた。配達員ごとの弁当の残数も本社でリアルタイムに管理し、数が足りなければスマホのGPSで位置確認をして近くの配達員から弁当を補充する。いちいち本社に戻らなくても在庫の補充ができるのだ。

起業のきっかけは「不規則な食生活で体を壊した経験」

ベントー・ドット・ジェーピーは、このサービスを始めて1年で、1万5000人の登録者を獲得。3つの弁当屋と提携し、年間100種類以上を販売するなど飽きさせない工夫も怠らない。有名店のコーヒーデリバリーも開始し、さらに波に乗る。

「社員食堂を作りたいがハードルが高い」という会社のオフィス内で、煮物やハンバーグなどの惣菜を手軽に食べられる「オフィスおかん」というサービスを始めたベンチャー企業もある。

利用する会社が専用の冷蔵庫を無償レンタルし、毎月、惣菜の数に応じた費用をまとめて払う。社員はひとつ100~200円で購入でき、電子レンジで温めるだけ。運営するのは東京・代々木にある社員5人の「株式会社おかん」だ。

社長の沢木恵太さん(29歳)は、もともとコンサルティング会社に勤めていたが、不規則な食生活で体を壊した経験から2013年に起業した。「そもそも僕が欲しかったサービスです」と明かす。現在は東京23区内に限定、約100社と契約し、配達はウォーターサーバーの会社と組んでコストを抑えている。

便利な世の中になったと思っていても、まだまだ不便な点は日常生活にたくさんあり、それに気づいてビジネスチャンスに生かす人たちがいた。いずれも忙殺された社員時代の経験から起業した、20代の若手ベンチャーだ。ビジネスセンスのよさとともに、自らの不満を諦めない粘り強さがあったということだろう。(ライター:okei)

あわせて読みたい:「空き時間」を売る新しいビジネス 主婦の出張料理サービスも
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。