ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米食品医療品局承認の脳機能改善「アザラシロボ」 45.36万円 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 要介護認定者(要支援含む)が600万人に迫りつつある一方で、介護施設やスタッフの不足は深刻な問題となっている。

 政府は在宅介護を推進するが、家庭内の担い手も仕事と介護の両立に四苦八苦している。そんな疲弊する介護現場を変えつつあるのが、人間工学を駆使して開発された最新のロボットだ。日本が誇る先端技術で人間の肉体的・精神的負担を大幅に軽減する最新ロボットのなかには、アニマルセラピー効果で脳機能を改善する「アザラシロボ」もある。

 タテゴトアザラシの赤ちゃんに模したロボットがアニマルセラピー効果で認知症患者の脳機能を改善し、癒やしを与える。多数のセンサーや人工知能の働きによって人間の呼びかけに反応し、抱きかかえると喜び、邪険に扱えば悲しい鳴き声を発するなど豊かな感情表現を見せる。重さが新生児と同等の2.7kgなので、抱っこすれば昔の子育てが脳裏に甦る。アメリカではFDA(食品医療品局)によって医療機器として承認されている。

■PARO(NDソフトウェア)
価格:45万3600円(3年保証付き。1年保証は38万8800円)

※週刊ポスト2015年4月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本が直面する人口減少、人手不足でロボット関連銘柄に注目
大和ハウスがロボットに力を入れる背景に高齢者対応ビジネス
コード式掃除機5分の電気代はルンバ1時間の電気代の2.2倍

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP