ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美人アナ 店で有名人だからと勝手に割引や特別サービスあり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本テレビ・上重聡アナウンサー(34)がスポンサー関係者から多額の利益供与を受けていた問題は、日テレ内部のみならず、テレビ業界を震撼させた。こうした「利益供与」的な問題は、実際のところテレビ業界でどうなっているのか? テレビ関係者を集めて緊急座談会を実施した。出席したのは某キー局の40代の男性ベテランプロデューサー・A氏と、同じく40代男性アナウンサー・B氏、そして30代の制作会社男性スタッフ・C氏だ。

制作C:僕がキー局社員の人たちを見て羨ましいのは、プラチナチケットをいとも簡単に入手できること。某大手芸能事務所に頼めば、入手困難な大物アーティストのコンサートチケットを電話ひとつで取ってくれるって聞きます。

プロA:あっ、それは俺もお願いしてる(笑い)。事務所側が接待用の特別な招待席を用意してくれてるんだよね。

制作C:上重アナの話題で、Aさん、Bさんは“アイツは特別”みたいな言い方をしてましたけど、本当にそうなんですか? キー局で働いていれば他の社員にも多かれ少なかれ甘い話が持ちかけられるのでは?

アナB:アナウンサーには誘惑が多いけど、実際は名の知れたエースアナに限られる。美人アナとしてよく名前が挙がるウチのエース格は、大手のエステサロンを“利用し放題”らしい。ホントかどうかはわからないけど、その子は激務なのに肌の手入れが行き届いている(笑い)。

プロA:半分タレントみたいな存在だから、一般の人たちがチヤホヤしてくれるってことは多いでしょ? プライベートで食事に行っても、有名人だからって店が勝手に割引してくれたり、特別にサービスしてくれたりは当たり前だよね。一緒によくメシを食いに行く俺がいうんだから間違いない(笑い)。

アナB:そういわれるけど顔が売れてるから、逆に困ることも多いんですよ。たしかにサービスしてもらうことはよくあるけど、無碍に断わったら悪評を流されたり、ネットでつぶやかれたりしそうで……。これは女性特有かもしれないけど、ウチの女子アナは『3万円を超えるプレゼントや食事は“見返り”を求められている気がして怖い』と漏らしていた。役得だと無邪気に喜んでばかりはいられません。

※週刊ポスト2015年4月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
水嶋ヒロの姉は「キレイなお姉さん」だった
チノパン 背中のぱっくり開いた黒のドレス姿でセレブ感満載
TVの言葉が「語り」から「喋り」に移った理由を解説した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP