ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

8,150万人のリスナーに愛される【ロックの殿堂入り】アーティストの曲は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年の【ロックの殿堂入り】就任式を4月18日に控え、米インターネットラジオのPandora(パンドラ)が今年の殿堂入りアーティストに関するデータをいくつか公開した。その中でも特に、各就任者の最も好まれる楽曲を示した“top thumbed-up songs”に注目だ。

 大方の予想通り、ビル・ウィザースの最も人気のある曲は「Ain’t No Sunshine」で、ルー・リードは「ワイルド・サイドを歩け(Walk on the Wild Side)」だ。また、数多くの名曲を持つグリーン・デイだが、一番人気は「Good Riddance (Time Of Your Life)」だというのもうなずける。

 一方で意外な結果も出ており、「Pride And Joy」はスティーヴィー・レイ・ヴォーンの曲でもっとも有名ながら、Pandoraリスナーにはジミ・ヘンドリックスのカバー「Little Wing/3rd Stone From the Sun」の方が人気があるようだ。ジョーン・ジェットの1位が「Destination Unknown」なのも興味深い。

 また、8,150万人のアクティブユーザーを抱えるPandoraは、最も人気の高いロック曲もまとめている。

 例えば、2015年は今のところホージア、リンキン・パーク、フォール・アウト・ボーイが人気とのこと。同じく今年もっとも好まれているロック曲は、フォール・アウト・ボーイの「Centuries」、ホージアの「Take Me to Church」、そしてベテラン、レーナード・スキナードの「Sweet Home Alabama」(1974年発表)といった変化球もみられる。衰えを知らない名曲もあるものだ。

関連記事リンク(外部サイト)

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、武道館初日終了! 本日最終公演直前にその見どころをお届け
『サム・スミス ライブ』 がNHK BSプレミアムで放送決定
ジェイソン・デルーロ、待望の新作AL『エヴリシング・イズ・4』が6月3日リリース決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP