ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

是枝裕和最新作『海街diary』がカンヌ・コンペ出品決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 是枝裕和監督最新作『海街diary』が、第68回カンヌ国際映画祭にてコンペティション部門に正式出品されることが分かった。

 是枝裕和監督作品としては前作『そして父になる』(13)以来2年振り、『DISTANCE/ディスタンス』(01)『誰も知らない』(04)を含む4回目のコンペティション部門出品となる。本作は親を許せない長女と、姉の幸せを願う次女、父を知らない三女、自分を許せない四女が、それぞれの想いを抱えながら、四人が本当の家族になっていくという一年間の物語を描く。キャストは、長女に綾瀬はるか、次女に長澤まさみ、三女に夏帆、異母妹の四女に広瀬すずが務める。

◎公開情報『海街diary』
2015年6月13日(土) 全国ロードショー
(C) 2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

関連記事リンク(外部サイト)

AKB48 柏木由紀&小嶋陽菜Wセンター新曲MV完成 是枝裕和監督「海辺の8人の晴れやかな笑顔は特筆すべき美しさでした」
中村アン『シンデレラ』試写会に登場、招待客150人に青いバラを手渡しプレゼント
ONE OK ROCK リリース前のライブ映像ダイジェストと限定コメント映像配信決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP