体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラグビー最強チーム 最上級生は雑用係?

ラグビー最強チーム 最上級生は雑用係?

 部下を持ったり、チームリーダーをしたことのある人ならば、メンバーをまとめて最大限の成果を出す難しさを知っているはずです。
 どんなに精鋭揃いでも、リーダーの言動や行動一つで、チームを最高にも最低にもしてしまうというのが、マネジメントの怖さであり醍醐味。
 では、大きな成果を出しているリーダーはどんなマネジメントをしているのでしょうか。

 帝京大学ラグビー部を率いて、現在全国大学選手権6連覇中の岩出雅之さんは、著書『負けない作法』(森吉弘氏との共著、集英社/刊)で、最強チームを作り上げたマネジメントの哲学を明かしています。
 今回は岩出さん本人にインタビュー。自身のマネジメントについてお話をうかがいました。その後編をお届けします。

――帝京大学ラグビー部の上下関係のあり方が非常に独特でした。4年生ほど雑用が多いという今のシステムにした理由はどんなところにありますか?

岩出:1年生がもっとも余裕がないからです。大学に入りたて、ラグビー部に入部したて、おまけに生まれ育った家から出て集団生活が始まったばかりとあっては、心身ともにいっぱいいっぱいでしょう。
そんな人間に、先輩のため、チームのために働けと言っても何もできません。むしろ、無理矢理やらせたら悪影響を残すだけでしょう。
全部員が仲間のこと、チームのことを大切に思い、自分のことと変わりなく仲間やチームのことを考えられるようにならなければ、強いチームはつくることができないと思います。でもそれは、やれと言われてもできることではありません。
人のため、チームのために働けるようになるためには、その人自身にエネルギーが蓄積されなければ不可能だと私は考えています。だから、1年生にはまず自分を大切にしてもらい、自分づくりに集中できる環境を整えています。

――「上級生が親の代わりをする」ということが書かれていましたが、上級生と下級生のこの関係性は、社会人においても応用できるものでしょうか。

岩出:残念ながら、新入社員として会社に入ったばかりであれば、難しいと言わざるを得ません。
今の帝京大学ラグビー部の環境は、私が少しずつ作り上げたものです。つまり、組織のリーダーが意識して環境設定を行わなければ、なかなか急には変えられるものではないと思います。
しかし今、組織のリーダーの役割を担う人、それは上司と部下という関係だけではなく、アルバイトや派遣社員の方々をマネージメントする立場にあるとか、外部の人をうまく動かしながら仕事を回しているなど、そういう役割の人であれば、リーダーとしてこの環境を意識的につくっていくことはできるでしょう。
自分が下級生的な立場になって「誰かにしてもらう」のを待つというのではなく、リーダーとして、そういう関係性のある組織を環境づくりから行う。あるいは、新しくできた部下と、意識的にそういう関係を結べるように努力してみる。そんな視点で本書を読んでいただいても、参考になることはたくさんあると思っています。

――周囲を見回す余裕のない人は、社会人にも多いです。このままではやはり「負けてしまう」わけですが、自分に余裕を持つためにどんなことが必要になりますか?

岩出:余裕がないということは、周囲どころか、自分自身にもほとんど関心がない状態と言えると思います。
まずは、本書の中に出てくる「作法0」を習慣になるまでマスターしてください。
難しく考えず、順番通りに環境を整え、身体のコンディションを整え、マインドのコンディションを整えます。これが習慣になれば、周囲の状況の変化に気づけるようになるでしょう。
それはつまるところ、自分自身が変わったため、「見えるもの」が変わったのです。
そして、「作法1」をやりつづけてください。
「作法1」は、自分を大切にし、自分を知ることで、自分づくりを行う方法についてまとめました。余裕は、人に与えてもらうものではありません。自分が変わることで、自分の中に生まれるものです。

――また、「自分づくり」が身についたあとは、個々人をどうまとめるか、というところが大事になりますが、それぞれ考え方の違う個人を同じ方向に向けるためにはどんなことが必要になりますか?

岩出:今のリーダーに求められることは、マメさ。気遣いが必要です。「俺についてこい!」というリーダーに無理になる必要はありません。
私はチームのキャプテンには「目標に向かって背中を見せるのではなく、お前が後ろを向いてやれ。もっと言えば、後ろに回ってこい」と指導します。どれだけ多様な意見を吸い上げ、段取りができるのか、そんなことが今のリーダーには求められています。
メンバーが「あいつが一番働いていた」「あいつはいいヤツだ」と思えるような動きをすることが最初の一歩だと思います。
仲間づくりにも、さまざまな作法があります。これは「作法3」として本書にまとめました。リーダーは、誰にでもなれるし、また、さまざまなタイプのリーダーが誕生していくと思いますね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。