ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

連続テレビ小説「まれ」をデザイン!ありあけハーバーに、能登産のブルーベリージャムを使った新商品が仲間入り!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

おみやげやちょっとしたプレゼントにぴったりの横濱銘菓ありあけハーバー。子どもの頃からのファンだという人も多いのでは?

そんなお馴染みのお菓子に、期間限定の新商品「ありあけブルーベリーハーバー」(6個入り/税込1080円)が登場する。同商品は、抹茶味のかすてら生地でブルーベリージャムと栗餡を包みこんだという、味わい深い仕上がりが魅力。抹茶のほろ苦さにブルーベリーの甘酸っぱさが程良いアクセントになっている。使用しているブルーベリージャムは、石川県能登産だ。

パッケージには、能登が舞台の連続テレビ小説「まれ」に登場する、物語の語り手“魔女姫人形”のイラストをメインにデザイン。同番組ロゴもあしらわれている。

この発売を記念し、本店のありあけ本館ハーバーズムーンをはじめ、横浜中心に展開しているありあけの各直営店と、インターネットのありあけオンラインショップでは、4月21日(火)より先行発売を開始。抽選会などのイベントも同時開催するという。

その他、赤レンガ倉庫、百貨店、量販店など各ありあけ取扱店では、4月25日(土)からの発売となる。髙島屋横浜店(4月29日~5月5日)、そごう横浜店(4月30日~5月7日)各催事場でも特別販売が行われるので、こちらもぜひチェックしてみて。

能登と横浜がコラボレーションした新しいおいしさと、思わず目を惹く可愛いパッケージ。ぜひ一度味わってみてほしい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP