ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディズニーが『トゥモローランド』『インサイド・ヘッド』で「ドルビービジョン」を初採用 “驚異的な画質”へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


6月6日(米公開5月22日)公開の『トゥモローランド』と、7月18日(米公開6月19日)公開の『インサイド・ヘッド』。この2つのディズニー作品がドルビービジョンを初採用。サンフランシスコ「ドルビー」本社からのリリースで明らかになりました。

映画には、複数のデジタル音響システムがあります。皆さんも映画館で映画を観る際、予告編が終わって、本編がはじまる前に「DOLBY」や「THX」といったロゴを見た事があるはず。それがそこの映画館の音響システムの種類。ドルビーアトモス(つまり音部門)は、2012年にディズニー/ピクサーの『メリダとおそろしの森』初めて採用されていますが、『トゥモローランド』と『インサイド・ヘッド』ではドルビービジョン(つまり映像部門)も使用されているということ。

今回のドルビービジョンの採用を受け、2作品は世界中のドルビーシネマ導入映画館で上映。ドルビービジョンとドルビーアトモスを採用したドルビーシネマは、壮大な映像とサウンドで、より映画を楽しめる様にシステムされています。


『トゥモローランド』のブラッド・バード監督は今回の発表について「シネマサウンドの進化の重要な役割を担ってきたドルビーが、映像の質の向上にも目を向け始めたことは自然な流れでしょう」とコメント。「私の制作チームはドルビーと協業できることを嬉しく思っており、トゥモローランドが優れた新技術であるドルビービジョンを採用する第1作となることを誇りに思います」と喜びを語っています。

『トゥモローランド』自体が未だ謎だらけの作品ではありますが、ブラッド・バード監督が「明るく鮮明な映像と黒の豊かな
ディテールは圧巻です。画質、特に4Kレーザープロジェクターにおける画質は驚異的です」と話しているとおり、映像美に期待出来そう。

常に新しい映像表現で私たちを驚かせてくれるディズニー作品。2016年4月15日公開予定の映画『ジャングルブック』(原題:The Jungle Book)でもドルビービジョンが採用されるとのこと。どの様な映像を観る事が出来るのか今から楽しみです!

【関連記事】ディズニーの極秘プロジェクト『トゥモローランド』 コンセプトアートがあのテーマパークっぽい?
http://getnews.jp/archives/827866

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP