ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神奈川唯一の流しのギター弾き 楽譜なしで歌えるのは2000曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夜の帳が下りたネオン街、居酒屋やスナックにふらりと姿を見せるギター弾き。横須賀・若松町でカズさん(68)といえば、ちょっと知られた流しのギター弾きだ。歌謡曲全盛の昭和40~50年代、神奈川県内だけでも300人はいたというが、今やカズさん1人になった。

「レパートリー? 楽譜なしで歌えるのは2000曲くらいだな」

 愛用の12弦ギターを爪弾きながら、これまでの道のりを語ってくれた。17歳の春に青森の八戸から夜行列車で上京。以来50年、今もギターとともに夜の街を歩く。

「最初の10年は故郷の南部弁が抜けなくて、酔っぱらいに馬鹿にされたよ。けどね、歌ってるときだけは世界中が俺のもんみたいな気分になれるんだ」(カズさん)

 昼間は介護老人施設を慰問で回り、夜の7時を過ぎた頃にネオン街にやってくる。黒のジャケットに派手なネクタイがトレードマーク。真冬でもコートやマフラーは着用しない。凍えそうな夜もかじかむ指先を擦り合わせて酔客の前に立つ。「死ぬまで歌っていくよ」と笑い、夜の街に消えていった。

撮影■江森康之

※週刊ポスト2015年4月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
たかじん 豪放磊落・毒舌だけでなく繊細な心を持つ男だった
キング・カズ 田原俊彦のファン以外知らない曲も全て歌える
ホリエモン キングカズ日本代表入りに14年前思い感慨ふける

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP