ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「互いの違い知り相手を尊重」日中韓友好のヒント与える新書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『ナグネ 中国朝鮮族の友と日本』最相葉月/岩波新書/842円

 ノンフィクション作家の著者は、電車の行先を聞かれたのをきっかけに、中国東北部出身の朝鮮族の女性・具恩恵と親しくなる。著者は具恩恵との交流を通して、植民地支配と戦争で中国と韓国・北朝鮮に分断され、移動を強いられるナグネ(旅人)になった朝鮮族の歴史、日本で不安定かつ低賃金の労働をしている現状などを浮き彫りにしていく。日本と中国、韓国の関係が悪化している中、著者は互いの違いを知り相手を尊重しようとする。この本は日中韓友好のヒントを与えてくれる。

※女性セブン2015年4月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
本来医療品であるべき「義歯」 現状雑貨扱いで中国から輸入
韓国人 高句麗時代に遡り「満州は我らが土地」と返還を主張
拉致命じられ日本に潜入した韓国秘密工作隊の悲劇を描いた本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP