ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これ欲しい!充電ケーブルとバッテリーが一体化したポケットサイズの「Uiee」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電池消耗が早いスマートフォンには、常にバッテリー問題がつきまとう。使用すればするほどバッテリーは減り、スマホユーザーにとって今やモバイルバッテリーは必須アイテムだろう。

そこで、アイルランドのスタートアップが開発した便利グッズを紹介したい。充電ケーブルとバッテリーが一体化した「Uiee」だ。ジーンズのポケットにも入るコンパクトさで、しかもケーブルが絡まないデザインになっている。

・iPhone 5だと55%充電

Uieeは平たい円形をしていて、直径が6.3センチ、厚さは1.4センチ。この中に容量800ミリアンペアのバッテリーを内蔵し、iPhone 6であれば44%、iPhone 5だと55%、Samsung Galaxyでは31%を賄える。

また、充電ケーブル(約45センチ)も備えていて、使うときには巻尺のようにするっと引っ張り出す。使わないときは中に収納できるのでケーブルが絡む心配がなく、また充電時にケーブルの長さを調整できるのも便利だろう。

・フリップ式のコンセントプラグも

充電ケーブルの端子はライトニングコネクタかマイクロUSBを選べるようになっている。また、Uieeの平らな面にはフリップ式のコンセントプラグもあり、プラグを起こしてダイレクトにコンセントにさし込める。

なので、Uieeに端末をつなげた状態でコンセントにプラグを差し込めば、Uieeそのものと端末の両方を同時に充電できる。

出先などでもコンセントを探すことが多いスマホユーザーにオススメのこのUiee、現在、資金調達サイトKickstarterで19ユーロの出資で入手できる。色は青、ピンク、赤から選べる。

キャンペーンは今月26日までなので、興味のある人はお早めに。

Uiee/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。