ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シシド・カフカ ドラマ『医師たちの恋愛事情』主題歌MVで斉藤和義と共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビ系ドラマ木曜劇場『医師たちの恋愛事情』主題歌に起用され、ドラマと共に話題のシシド・カフカ。avex移籍後初楽曲となる「Don’t be love feat.斉藤和義」のミュージックビデオが完成し、いよいよ本日解禁となった。

 この楽曲は、恋を諦めた女性の複雑な心情を表現した、斉藤和義プロデュースによる切ないミドルバラード。今回公開されたMV(http://bit.ly/1OgTKKq)にもシシド・カフカが敬愛して止まない斉藤和義は参加しており、夢の共演が実現した。2人が持つ“アーティストとしての魅力”をより引き立たせる為に、情報量をあえて少なくしたモノクロ調の作品に仕上がっており、カット数の多さで楽曲の“スリリングな雰囲気”も演出。光と影を巧みに使って“切ない感情”を表現している点にも注目してほしい。

 「レコーディングの時は順に音を録っていたので、和義さんと「せーの」で音を出す機会はありませんでしたが、撮影の合間、ふとした待ち時間に何気なく「Don’t be love」を共に演奏出来た事がとても嬉しかったです」とカフカ本人も語るように2人の演奏シーンもふんだんに盛り込まれた作品になっている。

 そんなシシド・カフカの新曲「Don’t be love feat.斉藤和義」は、4月29日からの楽曲配信も決定しているので、ぜひそちらもチェックしてほしい。

関連記事リンク(外部サイト)

シシド・カフカ『医師たちの恋愛事情』主題歌「Don’t be love feat.斉藤和義」本日一斉解禁&最新ビジュアル公開
シシド・カフカが斉藤和義プロデュースによる新曲「Don’t be love」をリリース決定 斎藤工主演のドラマ主題歌
沢尻エリカ主演「ファーストクラス」新キャスト決定“悪女イレブン”に夏木マリ、女優デビューのシシド・カフカら

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP